岡崎「鬱憤晴らし」の初ゴール

今シーズンチーム内で一転当落線上にいるレスター・シティ岡崎慎司、チャンスで結果を出したいところです。

引用

レスター岡崎今季初ゴール「炎の輝き」地元紙最高点

<プレミアリーグ:レスター3-1クリスタルパレス>◇22日◇レスター

 レスターの日本代表FW岡崎慎司(30)が今季リーグ戦初ゴールを決めた。ホームのクリスタルパレス戦で、9月10日リバプール戦以来、5戦ぶりとなる先発。1-0の後半18分に「自分の人生を分けるような」ゴールを右足で蹴り込んだ。ラニエリ監督への猛烈アピール弾で、欧州4大リーグ(プレミア、ブンデス、スペイン、セリエA)の得点も日本人最長の7季連続に伸びた。

 久々のリーグ戦で岡崎は開始2分にいきなりシュートを外した。飛び出していたGKの頭上を狙ってループ。だが左に外れた。それでも「最初のシュートを外した時点で、もうオレ終わったと思いましたけど。でもその後はずっとプレーが良かった。あとは点だけって感じで」と狙い続けた。後半18分。ペナルティーエリア内やや左でこぼれ球を直接、右足シュート。ゴール左下へ突き刺した。「ホッとしました。本当に重要。自分の人生を分けるような、そんなゴールだった」というアピールの一撃だった。

 英デーリーメール紙の採点で岡崎は両軍最高の8・5点。同紙は「バーディーって誰?」と不調のエースをからかう記事で、岡崎については「久々の出場でチームに強さと炎の輝きをもたらした」とたたえた。

 [2016年10月24日9時32分 紙面から 「nikkansports.com」]より
初出場となったUEFAチャンピオンズリーグではたった5分しかプレーできず、またチーム内にライバル(アーメド・ムサ、イスラム・スリマニが加入)が増えたことで厳しい立場にいる岡崎、その岡崎は22日のリーグ戦(クリスタル・パレス戦)に久々に先発し、今シーズン初ゴールを決めましたが、岡崎曰く「自分の人生を分けるような」と言っており、またなかなかチャンスをもらえない鬱憤も晴れるものとなったみたいです。

序盤から果敢に相手ゴールに襲いかかるもゴールに至らず焦ったけど、その後冷静にプレーして後半18分にペナルティエリア内でこぼれ球に反応しゴールを決め「ホッとしました。本当に重要。自分の人生を分けるような、そんなゴールだった」と言うくらいでしたが、首脳陣に自分もいると言わんばかりのものではないでしょうか。

「久々の出場でチームに強さと炎の輝きをもたらした」とデーリーメールに評された岡崎、久々のスタメンで結果を残したことは有意義なことです。結果を出してナンボ。

theme : 欧州サッカー全般
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード