グルになっていじめを「隠蔽」、ヒドいなんてもんじゃない

深刻化しつつあるいじめの問題、その事実を平然と隠すのは本末転倒と言うか言語道断でしかありません!!

引用

<いじめ>相撲クラブで前歯折る 指導の職員も口裏合わせ

 新潟県糸魚川市能生の相撲クラブで起きたいじめ問題で、市立能生中の3年生が1年生を殴って前歯を折る大けがをさせた際、加害生徒らによる「練習中の事故」との口裏合わせに、指導する同校の男性職員も加担していたことが新たに分かった。

 市教育委員会によると、男性職員は県体育協会から競技力向上を目指して派遣された「育成指導者」。親元を離れて生活する相撲クラブの生徒をサポートするため同校に常駐し、生徒らのケアや周辺児童の指導に当たっていた。

 暴力事件が起きたのは9月7日朝。合宿所の清掃時に3年生が1年生1人の顔や腹などを殴り、前歯1本が根元から折れたという。このとき、加害生徒は周りにいた生徒に「練習中の事故にしよう」と口裏合わせを指示。男性職員は、登校してきた被害生徒と加害生徒に校内で会った際に異変に気付いたが、「練習中の事故」との説明をうのみにしたという。さらに同日夕方に被害生徒を歯科医に連れて行った際、生徒から暴行の事実を打ち明けられたが、学校に報告せず放置していた。

 翌8日になって、同校の教諭が別の生徒から暴行があったことを聞き、学校側が9日に加害生徒を問いただして発覚。男性職員にも確認したところ、当初は練習中の事故と説明していたが、加害生徒が認めたことを話すと認め、「発覚したら、被害者、加害者とも相撲ができなくなると思った」と釈明したという。

 また他の教諭が勧めたにもかかわらず、被害生徒をすぐに病院などに連れて行かなかったことについて「生徒が大丈夫と答えたから」と説明。被害生徒の保護者は「すぐ受診していれば、永久歯を失わずに済んだのではないか」と憤っている。

 男性職員は今月になって、市能生総合事務所に異動した。市教委は異動の理由について「処分ではない」とし、相撲大会の準備や小学生対象の相撲教室開催のため「動きやすいからだ」と説明している。

 最終更新:10月24日(月)8時57分 「毎日新聞」より
新潟県糸魚川市の相撲クラブで上級生が下級生を殴ってケガを負わせると言う行為が発覚し、挙句殴った側が周囲に「練習中の事故にしよう」とウソを流すと言うとんでもない行為をしでかし、かつ顧問の職員にもそのウソの報告をしてそれを鵜呑みにすると言う事態が起こったけど、ハッキリ言っていじめを隠蔽すると言う典型的な「臭いものには蓋」もいいところです。

かつ被害生徒を病院に連れていかずに問題を放置するなんて、とんだ大それた行為でしかないが、顧問もグルになって暴行事実を隠蔽するなんて言語道断もいいところ、知られてバツの悪いことを平気で隠すと言う悪質な態度もいいところですよ。

「発覚したら、被害者、加害者とも相撲ができなくなると思った」と供述してますが、自分の保身の為に不祥事を隠すなんて考えられないし、加害生徒の虚偽の報告を平気で信じ込むその態度もまた許せない。
正直言って、これは9年前に時津風部屋で起こった序の口力士暴行死事件を彷彿させるもので、暴行の事実を部屋ぐるみで隠蔽し平気でウソをついたんだから、断じて許されないものです。相撲の場で同じようなことが起こってしまったことは相撲のイメージ悪化を招くだけで、このクラブのしたことは追放レベルです。

これが高校野球であれば即良くて対外試合禁止処分、最悪不祥事を部ぐるみで隠蔽したとして解散でしょう。

それにしても、部活動の場もそうだがどうもこう言う場で暴力事件が後を絶たないこの現状を見ていると、クラブの現場は一体どうなっているのかと言いたくなるし、3年前の桜宮高校バスケ部で起こったあの事件を全然教訓にしていないとしか言い様がないです。本気で暴力を根絶しようと言う気あるのでしょうか、ホント・・・!!

theme : 許されない出来事
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード