小林麻央、ブログ再開の理由は

乳がんとの闘いの中、中断していたブログを再開したみたいです。

引用

小林麻央 ブログ始めたきっかけは一通の手紙「誰かの心にプラスでつながれる」

 歌舞伎俳優・市川海老蔵(38)の妻で、乳がんで闘病中のフリーアナウンサー小林麻央(34)が24日、自身のブログを更新。ブログを始めたきっかけを明かした。

 「なんでもあり!」というエントリーで「ブログを始めようと思ったきっかけのひとつに、送られてきた手紙がありました。私の病気のことが公になり、主人が会見をした後のことでした」と書きはじめ、がんを患った人から手紙を受け取ったと説明した。送り主は、がん治療中に一度も泣いたことがなかったが、海老蔵の会見を見て初めて涙を流したという。「“初めて、自分自身の癌(がん)を悲しむことができました。まおさん、ありがとう”という内容でした」と送り主からのメッセージを紹介した。

 麻央は「私は学校に行くのがあまり好きでなく、そんなときに、めざましテレビのお天気おねえさんの吉田恵さんが『今日は傘もってケーイ!』と元気に語りかけてくれると、『よし、仕方ないから行くか!』と笑思えました。(中略)私も、そんなふうに誰かを元気づけたいとテレビの世界で仕事を始めました」と自身の思い出を振り返った。

 続けて「元気、明るい、幸せ、前向きを伝えることが私にとって理想の『良いこと』でした。でも、そのお手紙を頂いて、暗いことや悲しいことでだって、誰かの心にプラスでつながれる瞬間があるのだと、知りました。つまりなーんでも、なーんにもなりうるのだ、と。好きや嫌いはあるけれど、良いや悪いはない」と手紙を読んでから“物の捉えかた”が変わったと告白した。

 「だから、ただ、ただ、私は、今の自分を生きるだけで、その生き方に、良いも悪いもないのだ、と。前向きであることが良いことだからではなく、前向きであることが好きだから、後ろ向きな日が続いても、いつかは前向きに戻るだけ」と現在の自身の心境をつづった。

 [ 2016年9月24日 13:25 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
乳がんとの闘いの最中にいる歌舞伎俳優・市川海老蔵の妻で、フリーアナウンサーの小林麻央がブログを再開したって言うけど、再開した理由はがんを患った人から手紙が来たことみたいです。

「“初めて、自分自身の癌(がん)を悲しむことができました。まおさん、ありがとう”という内容でした」と海老蔵の会見で涙を流した姿が同じ境遇を経験した人の共感を得たんでしょうか。
「元気、明るい、幸せ、前向きを伝えることが私にとって理想の『良いこと』でした。でも、そのお手紙を頂いて、暗いことや悲しいことでだって、誰かの心にプラスでつながれる瞬間があるのだと、知りました。つまりなーんでも、なーんにもなりうるのだ、と。好きや嫌いはあるけれど、良いや悪いはない」って綴ったけど、何があっても前向きに生きればいいことがあると言いますか。重い病気にかかったからってそこで自暴自棄になってはいけないのだ。

闘病中の身でありながらこう元気な姿をブログにて綴った小林ですが、今は乳がんを克服しまた再び元気な姿をテレビで見せて欲しいです。
それとマスコミ、それを理由に変に騒いだり過剰報道するのは慎め!!

theme : 「生きている」ということ
genre : 心と身体

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード