豊洲の地下はこうなってます

大いに揉めてるこの問題、解決の目処はどこにあるのやら。

引用

水たまる地下空洞公開=豊洲市場の3施設―東京都

 東京都が築地市場(中央区)からの移転を延期した豊洲市場(江東区)の主要施設の地下に空洞が設けられた問題で、都は16日、底面に水がたまっている3施設の地下部分(地下ピット)を報道各社に公開した。

 公開したのは、土壌汚染対策の盛り土を行わずに地下空洞を設けた5棟のうち、水たまりが確認された青果、水産卸売場、水産仲卸売場の3棟。

 たまった水について、都は雨水と見ているが、14日に青果棟を視察した共産党都議団は、地下水が漏れ出している可能性を指摘。都は水質や侵入経路を調べている。現地視察は共産党に加え、自民、公明、民進3党も16日までに行った。

 この問題をめぐっては、専門家会議が2008年7月に敷地全体で盛り土を行うよう提言したにもかかわらず、11年6月に完成した市場の基本設計書には地下空洞を設ける記載があったことが判明。08年5月に当時の石原慎太郎知事が記者会見で、コスト削減や工期短縮が可能として、施設の地下に「コンクリートの箱」を埋め込む案に言及したことも分かっている。

 最終更新:9月16日(金)15時9分 「時事ドットコム」より
中央区にある築地市場を江東区豊洲に移転する問題は、土壌汚染や埋め立て地であることから耐震性の問題など安全性の問題が頻発してますが、今度は主要施設予定地の地下に空洞が見つかったって新たに問題が出てきたけど、その地下には水が結構溜まっていたみたいです。

都は雨水としてますが、地下水が漏れてると指摘する声もあり、水質及び侵入経路を調査してるけど、その水が有害物質などを含んでたら? ゾッとします。
8年前に敷地全体に盛り土をするよう言ったのに、その後の設計書で地下空洞を設ける記載が見つかるなど不備を露呈しているけど、当時都知事だった石原慎太郎氏は何を見てたのか。
「役人に騙された」って言ってますが、弁解にならないと思う。

盛り土をするよう言っておいて地下空洞を設けるべきって、安全を考えてるとは到底思えないし、設計した側の責任は重いです。
ここまで安全を疎かにしてるのかと言われておかしくないだけに、今まで移転先の問題を直視してこなかった猪瀬直樹及び舛添要一の責任も相当なものです。専門家会議だけ重ねて解決に向けて積極的な姿勢が見られないのってどうなのよ、コレ!!
ここでも百条委員会を発動して石原・猪瀬・舛添だけでなく、基本設計書を書いた専門家などを追及してはどうか。政務活動費の無駄遣いが発覚しまくってる富山市議会とどっちがいい加減なんだかねェ・・・!!

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード