一滴の水

水に恵まれてる日本とは違い、よその国ではその水を巡る争いは尽きません。

引用

インド 水争いで暴動 IT都市、日系企業も影響

【ニューデリー=岩田智雄】インド南部カルナタカ州とタミルナド州で、両州を流れるコーベリー川の水利をめぐり、12日に暴動が激化した。IT(情報技術)産業が集まるカルナタカ州の州都ベンガルール(バンガロール)の一部などに外出禁止令が出され、日系企業も影響を受けた。モディ首相は13日、暴力の停止を呼びかけた。

 この問題は両州の農民の水争いが発端。干魃(かんばつ)で下流のタミルナド州での水位が低下し、最高裁が5日、一定量を10日間下流に放水するよう上流のカルナタカ州に命じた。しかし、同州で農民らの抗議デモが激化し、最高裁は12日、1日あたりの放水量を減らす判断を示したものの、住民の怒りは収まらず一部が暴徒化。現地からの報道によれば、タミルナド州ナンバーのバスや商店などが放火され、警官隊とデモ隊の衝突などで市民2人が死亡した。

 両州には異なる言語を話す住民が住み、水利をめぐり長年対立。カルナタカ州政府は12、13日の外出禁止令に加え、ベンガルールなどに12日から3日間、5人以上の集会禁止令を出した。州内のトヨタとホンダの工場は13日、操業を休止。カルナタカ州には在留邦人が約1200人いる。

 最終更新:9月14日(水)8時9分 「産経新聞」より
インド南部のカルナタカ州タミルナド州にまたがるコーベリー川、その水利を巡って住民が激しく衝突したって言うけど、インドでも水を巡る対立があったと言うことでしょうか。

特にカルナタカ州は今やインドが世界に誇るIT産業が盛んなバンガロールがあり、そこでも起こったってことか・・・。
これを受けカルナタカ州政府は12日と13日に外出禁止令を出し、集会を禁止するなど対策を取りましたが、水は人間にとって最も生活に欠かせないものだけに、市民の理解を得ることは難しいでしょう。
バンガロールにある日系企業も操業停止と言う措置を取って在留邦人の安全確保を取りましたからねェ・・・。

ことの発端は干魃によってコーベリー川の下流に位置するタミルナド州の水位が低下、上流のあるカルナタカ州に対し放水するよう最高裁が呼びかけたが、カルナタカ州の農民が「我々の生活と利益を奪う気か!?」と激怒して抗議デモに発展したって言うけど、インドにおいて充分水が確保されてない地域がまだあるってことを裏付けますし、一滴の水がここまで諍いに発展する。途上国にありがちな風景だ。それだけ水資源に恵まれてないと言う問題でもあるが。農業と言う点では、日本を見習って溜池を作るとかすればいいんだが・・・。
だったらなぜダムを作らないのかと言う疑問もあるが、インド政府は国民が水に不自由することなく暮らせるよう努力してほしいものです。

貧富の格差、女性の権利、そして水、インドもまた問題山積な部分が多いなァ・・・!!

theme : インド
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード