たけし、巨泉氏に最後の「感謝」

公私にわたってお世話になったんだから、感謝しかないです。

引用

たけし「才能認めてくれた」巨泉さん感謝 お別れ会

 7月12日に急性呼吸不全で死去したタレント大橋巨泉さん(享年82)のお別れの会が5日、東京・グランドプリンスホテル新高輪で営まれた。生前、親交のあったビートたけし(69)やプロ野球ソフトバンク球団会長の王貞治氏(76)ら関係者600人、一般のファン約200人の計800人が参列し、別れを惜しんだ。たけしは「才能とか認めてくれてありがたかった」と、感謝の気持ちを述べた。

 TBS系「世界まるごとHOWマッチ」など多くの番組で巨泉さんと共演してきたたけしは、「巨泉さんと(立川)談志さんが『たけしは良い』と言ってくれてテレビが受け入れてくれた。ありがたいことだよ」と、感謝の言葉を述べた。巨泉さんから「お前のおかげでリタイアが何年か延びた」と、たけしと共演するためにセミリタイアを延期したことも明かされていたという。

 また、「謹慎したりしていた時期に、巨泉さんのところに居候させてもらっていました。一緒にゴルフしたりして。マイナスなことは一切言わなくて、『いい休みじゃないか』と。優しい人でした」と振り返った。

 一方で、「ゴルフで握るんだけど、絶対負けて、取られるんだけど、絶対おごってくれた」と、たけし節で際どい話も披露。「何年か後、自分も同じ世界に行くのですから。またゴルフやるかと思うとやりたかねえよ」と、苦笑いしながら巨泉さんをしのんだ。

 司会にとどまらず、放送作家、大人の娯楽を紹介する複数のジャンルの評論家、政治家として類いまれな才能を発揮した巨泉さんのお別れの会らしく、各界を代表する著名人が参列。会場には巨泉さんが司会を務めたテレビ番組「クイズダービー」などのセットも再現、ゴルフや釣りを楽しむプライベートの写真も展示され、参列者が懐かしそうに見て回った。

 この日は「お別れの式典と献花」と「しのぶ会のパーティー」の2部制で行われた。「しのぶ会」は、巨泉さんが司会を務めた「11PM」のオープニングソングで始まり、愛弟子であるフリーアナウンサーの小倉智昭(69)が司会を務めた。

 [2016年9月6日7時45分 紙面から 「nikkansports.com」]より
今年7月に亡くなった大橋巨泉氏、その巨泉氏を「送る会」が5日にグランドプリンスホテル新高輪で営まれましたが、さすがは昭和のテレビを彩ってきた人物の一人だけに、各界の著名人が大勢駆けつけ巨泉氏に最後のお別れをしたけど、中でもビートたけしさん「才能とか認めてくれてありがたかった」と巨泉氏に感謝して偲んだようです。

「世界まるごとHOWマッチ」で共演したことがきっかけで公私にわたって巨泉氏とつき合いがあったたけしさん、「お前のおかげでリタイアが何年か延びた」とたけしさんと共演したい理由でセミリタイアを延期したことも明かしたけど、巨泉氏にとってたけしさんは無くてはならない存在だったと言うことです。

プライベートで度々ゴルフもしてて「何年か後、自分も同じ世界に行くのですから。またゴルフやるかと思うとやりたかねえよ」ってたけし節で当時を振り返ってたけど、ゴルフが何より好きな巨泉氏ゆえのエピソードかも知れないです。
「ニアピン賞」なるフレーズを広めたことんだし。

「謹慎したりしていた時期に、巨泉さんのところに居候させてもらっていました。一緒にゴルフしたりして。マイナスなことは一切言わなくて、『いい休みじゃないか』と。優しい人でした」、たけしさんがフライデー事件を起こして謹慎処分を受けたり、バイク事故で療養していた時期でも巨泉氏はたけしさんに“救いの手”を差し伸べたって言いますから、巨泉氏の寛容さに感謝しかないって思うのも当然です。

たけしさんにとってしんみりしたくなるけども、思いっきり「おい、たけし!」って叱ってくれる存在がまたいなくなったこともでしょう。
大橋巨泉氏、楽しいテレビをありがとうございました。

theme : ビートたけし
genre : お笑い

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード