大騒ぎ! みたいですねinガボン

選挙結果を巡って大混乱、アフリカ諸国が抱える大問題の一つですが、ここでも・・・!!

引用

ガボン大統領選巡り、野党支持者が抗議3人死亡

【ヨハネスブルク=上杉洋司】ロイター通信などによると、アフリカ中部ガボンで8月27日にあった大統領選を巡り、僅差で敗れた野党支持者らが暴徒化し、首都リーブルビルで9月1日、議会の建物が放火されたほか、警官隊との衝突で少なくとも3人が死亡した。

 同国内相によると、当局は抗議デモに参加した約1100人の身柄を拘束した。

 内相は31日、アリ・ボンゴ大統領(57)が得票49・8%で再選を決めたと発表。野党候補でアフリカ連合前委員長のジャン・ピン氏(73)の得票率は48・2%で、わずか約5600票差だった。野党は、独自の集計で「勝利した」と主張していた。

2016年09月02日 15時43分 読売新聞
先月27日にアフリカ中部にあるガボンで大統領選挙があったけど、現職のアリ・ボンゴ・オンディンバ大統領と野党候補でAU(アフリカ連合)で委員長を務めた実績があるジャン・ピン氏の一騎打ちとなった結果、僅差でボンゴ大統領が勝利したが、ここで終わらなかったのです!!

選挙結果を巡って野党支持者が首都リーブルビルで抗議デモを起こし、議会の建物を放火するわ警官隊と衝突するわで大混乱を起こしたが、3人が死亡、1100人が当局によって身柄を拘束されると言う事態になったけど、大統領選挙の結果を巡って混乱、アフリカ諸国でよくある問題点だが、ガボンでも同じようなことになっちゃったことは「またか」「“よくあること”とは言えいくらなんでもやり過ぎだ」です。

あくまでも我々が正しい! と言わんばかりの野党支持者、僅差でピン氏が負けたとは言え選挙に不正があったんじゃねェのかと思い込んでこのような狼藉に出たかも知れないが、こんなことして外からは「社会が遅れてる」「だからアフリカって発展しないんじゃないの?」って思われるだけです。

選挙管理委員会があってないような状態ってことかも知れないが、なぜスンナリ結果を受け入れないのか? 潔さなどあったもんじゃない。こうなるとまた憲法裁判所の出番ですか・・・!?
なぜ憲法裁判所? 2009年に当時大統領だったオマル・ボンゴ・オンディンバが急死したことで急遽大統領選挙を実施したが、ここで選挙結果を巡って混乱が起こり、憲法裁判所がやり直し選挙をした結果今のアリ・ボンゴ・オンディンバ大統領が勝利したって言いますからねェ・・・。そのボンゴ大統領はオマルの息子、ハッキリ言って世襲による権力移譲なんじゃねェのか。

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード