やっぱり減ってるアフリカゾウ

密漁がそれでも減ってないのか、それとも一部では開発に伴う生息地域の減少にあるのか・・・!!

引用

アフリカ全土でゾウ激減、航空調査で明らかに

【9月1日 AFP】アフリカのゾウに関する3年間の航空調査の結果、サバンナに生息するゾウの数が30%減少したことが分かったとする報告が1日、米ハワイ(Hawaii)州で開催された国際自然保護連合(IUCN)の会合で発表された。主な理由は密猟だという。

 「大規模ゾウ生息数調査(Great Elephant Census)」と名付けられた今回の調査は、2013年12月から3年間実施された。ゾウの生息数や保護方法に関する今後の研究用データベース作りのため、科学者や慈善保護活動家らが航空機に乗って、アフリカ18か国の上空から生きているゾウとゾウの死がいの数を計測した。

 野生動物に関する調査ではこれまでに類を見ない方法で、実施規模も過去最大。航空機81機と乗組員286人が動員され、総飛行距離は46万3000キロに及んだ。

 調査で確認されたゾウは計35万2271頭で、2007~2014年の間に約14万4000頭が減ったことが明らかになった。これは30%減少に相当する。また最近のサバンナのゾウの生息数は年間8%の割合で減少しているという。

 密猟が多発している国々には、アンゴラやモザンビーク、タンザニアなどが含まれ、これらの国々では生息数が激減していることが明らかになった。

 その一方で、南アフリカやボツワナ、ウガンダ、ケニアの一部、ザンビア、ジンバブエ、マラウイなどでは生息数が安定しており、逆に増加している国もあった。

 この調査には米マイクロソフト(Microsoft)の共同創業者で、現在は投資会社バルカン(Vulcan)を率いるポール・アレン(Paul Allen)氏が、700万ドル(約7億円)を出資。富豪で慈善活動家でもあるアレン氏は「大規模な調査は成功に終わった。そこで判明したことは、非常に憂慮すべき事態だ」と語った。

 なお、内戦状態の中央アフリカと南スーダンの調査は接近が難しいため、今回は実施されていない。

 「国際ニュース 『AFPニュース』」より
2013年から3年間、アフリカ全域を航空調査した「大規模ゾウ生息数調査」なる調査において、サバンナに生息するアフリカゾウの数が前の調査と比較して30パーセントも減っていたことが明らかとなってますが、野生動物を調査する目的で航空を用いるのって大がかりなことですが、アフリカ18カ国に渡るものとなれば、そりゃスゴい。

2007年から2014年までの7年でアフリカゾウの生息数が30パーセントも減った。理由は言うまでもなく象牙目当ての密漁と開発にありますが、未だに象牙の需要でもあるのかと言いたくなる。
調査した結果35万頭、多いはずじゃと思いますが・・・。

減少しているのはタンザニアとアンゴラなどで、密漁多発によるものだが、政府はゾウ保護に積極的じゃないってことなのか。
南アフリカやザンビア、ボツワナ、ケニアなどでは生息数が安定してると言うが、南部アフリカ諸国は過去に象牙輸出を解禁したことで国際社会から批判されたから、金儲けの為にゾウを犠牲にするのは止めようって考え直したのでは。ゾウは自然保護区の「顔」でもあるし。

象牙を買わないことが密漁防止とゾウ保護につながるんじゃないかと思うね。あと人間が自分たちの利益の為だけにサバンナなどを開発して動物たちを追いやっていることに罪の意識を持つことも必要。
それとグリーンピース、この事実をしっかり見てんのか!?

theme : 動物・植物 - 生き物のニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード