あのエコテロ集団と「和解」?

5年にも渡る訴訟合戦の末にこの結果、どうもハッキリしないと言うかスッキリしません。

引用

シー・シェパードと和解=調査捕鯨船への妨害で―鯨類研など

 南極海で調査捕鯨を行っている日本鯨類研究所(東京)と共同船舶(同)は23日、日本の調査捕鯨船団に対する過去の妨害行為をめぐり、米国の反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」および代表者ポール・ワトソン氏との間で和解が成立したと発表した。

 日本側が一定の和解金を支払う代わり、SSなどが永久的に妨害行為を行わないとの内容で、2011年に始まった捕鯨妨害に関する両者間の訴訟は収束することになる。

 和解を受け、鯨類研と共同船舶は同日までに、海上の安全確保のためSSなどに対し永久的な妨害差し止め命令を執行するよう、米ワシントン州連邦地方裁判所に申し立てた。

 和解したのは今月初旬で、日本側は過去の法廷闘争でSS側から法廷侮辱罪の賠償金として支払われた約3億円の一部を、和解金に充てる。今回支払う和解金については、日本の捕鯨調査船に対してだけでなく、世界中での他の妨害活動にも使用してはならないとの条件を課す。

 SSは公海上で船を衝突させるなど危険な妨害行為を繰り返し、鯨類研と共同船舶は11年12月、暴力的行為からの救済を求めワシントン州連邦地裁に提訴していた。

 最終更新:8月23日(火)14時29分 「時事ドットコム」より
度々日本の調査捕鯨船に対して嫌がらせを繰り広げたシーシェパード、そのシーシェパードに対し日本鯨類研究所と共同船舶が2011年12月にアメリカ・ワシントン州の連邦地裁に妨害行為を止めさせるよう訴えたが、23日になってシーシェパードとその代表者である“エコビンラディン”ことポール・ワトソン容疑者と和解したって言うけど、日本側が金を出してシーシェパードが二度と妨害行為をしないと言う内容だが、エコテロ集団に金なんて出す必要はない。むしろ向こうがつけ上がるだけだと思う。

金で解決、どうも示談的な要素がするが、むしろシーシェパード側に対し多額の賠償金を要求すれば良かったんじゃないのか? 大体和解と言うが中身が分からないから甚だ疑問だ。

環境保護と言いながら暴力に訴えるシーシェパード、反戦平和と言いながら実際は暴力などの過激な手段を用いるパヨクと同類だし、ヒステリックになって騒いで関心を惹こうとするやり方は韓国とも同類。そんな連中と和解するのがバカらしいし金を払うことはもっとバカらしい。
全世界にシーシェパードの実態と言うか傍若無人ぶりを日本は発信すべきです。クジラ保護の為ならば何をやっても許されると言う勝手な思い込みと、行き過ぎたクジラ・イルカ擁護論の欺瞞と虚妄を暴かねばなりません

行き過ぎた反捕鯨がもたらした副産物であるシーシェパード、シーシェパードの傍若無人を見ていると悪「反捕鯨」感情しか抱きません。

theme : 捕鯨・反捕鯨問題
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード