「偏差値バカ」ばかり作った教育者の責任

日本ってどうも教育からしてズレてるんだよね。学校で教わることと言えば「いい学校には入れ、いい会社には入れ」と言わんばかりにただただ勉強だけ教えてテストで競わせて偏差値の価値をつける一辺倒で、これのどこが正しい教育と呼べるのか、正直言って理解不能もいいところだ。

そんな教育者に教わった子供たちはいわゆる「偏差値バカ」になって、利己的な人間になりつつあるけど、結局自分の成績と言うか保身だけを重視するんだから、それで立派な人間と果たして呼べるだろうか。視野や考えの狭い偏屈人間になるだけだ。
知識偏重教育ではまともな人間は育たないと私はかねてから当ブログにて指摘してるが、相変わらず勉強できる・いい学校を出ている。いい会社に入っている。ってエリートに幻想を抱いている風潮が教育現場に蔓延ってるが、そんなもんエリートか落ちこぼれの二極化をかえって助長するだけだ。ハッキリ言って戦後の日本が金儲けしか考えないから、こう言う人間と言うかこんな社会になったんじゃないかとつくづく思うんだよ。

そして偏差値バカと言うか、自分さえ良ければいいなんて考える利己的な人間ばかり作ってきた教育者の責任はかくも重いだろう。
金儲けできる人間が偉いと思い込んで、子供たちにいい学校に入れたい・いい会社に入って将来を安泰化させたいと言わんばかりに知識偏重・テスト重視教育に走ったわけだが、人間性と言うか自立心と言うか精神的に大人にさせると言う本来の目的を脱線してるとしかどうしても思えない。
大事なことを「どうでもいい」なんて見なして勉強一辺倒、テスト重視かつ偏差値を崇拝する風潮を良しとさせてきたけど、これがホントに子供たち、いやこれからの世代の為になるのか。

だから周りを見ない・政治など大事なことを知らない・思いやりのある共生共存の意識が育たないから、精神的にガキばっかな大人が増えて社会も腐敗するんじゃないのかと言いたくなる。偏差値バカ=利己的な人間。ってことは百も承知だ。
内田樹氏は「日本にはホントの大人がいない」と指摘してるけど、私は思うに間違いだらけの教育が精神的にガキな人間ばかり増やしたんだと思うんです。日本は教育があからさまにズレてるからホントの大人が育たないのも無理はない。

教育者の責任は大きい、本来大事なことを軽視してどうでもいいことばかり教えて無知で利己的な人間ばかり増やしたことを考えたら、あなた達が日本社会をダメにした原因でもあるんですよ!! って吐き捨てたくなります。教育=ただ勉強だけを教える。じゃない、むしろ人として大事なこと、社会に通用する様な人間になれ、社会の役に立つような人間になれ。って言うなれば道徳や倫理を教えることが大事。そこら辺を教育者は骨の髄まで理解すべきです。

theme : 偏差値教育の問題
genre : 学校・教育

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード