インドでも「人間ピラミッド」禁止

かつては日本の学校の運動会において風物詩だったけど、近年では安全性と危険性を重く見て禁止の動きが広がってるけど、日本だけじゃなかったみたいです。

引用

子供の「人間ピラミッド」禁止=印西部の祭典で事故続発

【ニューデリーAFP=時事】インド最高裁は17日、西部マハラシュトラ州で毎年開催される祭典で行われる組体操「人間ピラミッド」について、18歳未満の参加を禁じる決定を下した。

 ピラミッドの高さも6メートルまでに規制される。

 祭典はヒンズー教のクリシュナ神をたたえるためのもので、男の子がピラミッドの頂点に登る。複数のグループが高さを競い、13メートルに達することもある。ピラミッドが崩れてけがをする参加者も多く、2014年には14歳の少年が練習中に転落死したと報じられた。

 裁判官は「クリシュナ神は曲芸をしない。子供の命を危険にさらしてはならない」と述べた。

 最終更新:8月18日(木)6時9分 「時事ドットコム」より
インド西部・マハラシュトラ州では毎年ヒンズー教の神の一人・クリシュナ神を称える行事が行われますが、そこで子供たちが組体操の一つ「人間ピラミッド」をやることが恒例になっているけど、高さを競うあまりケガ人が続出するなど問題点も浮き彫りになっており、それを重く見た最高裁が「18歳未満の者の参加を禁止する。それに加えピラミッドの高さも6メートルまでとする」ってお達しを出したようです。

日本でも近年問題視されている組体操の一つ・人間ピラミッドがインドでも問題視されてるってことは意外だが、それ以前にインドでも組体操と言うか人間ピラミッドの慣習があるってことも意外でした。

複数のグループが高さを競い、かつ13メートルに達することもあるって、変に自己満足感丸出しもいいところだ。

「クリシュナ神は曲芸をしない。子供の命を危険にさらしてはならない」と裁判官は述べてますが、そんなものを神様が喜ぶわけがない。子供を危ない目に遭わせてまでそれをやらせる大人の神経を疑いたくなる。これには。
18歳未満の参加禁止及び高さ制限を設けるのではなく、人間ピラミッドそのものを禁止すべきではと思う。神事に干渉するなと言われるかも知れないが、安全性を考えましょう。

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード