この警部補は何考えてんだか!!

改めて警察のモラルが問われるものです。書類送検じゃ甘いレベルだと思う。

引用

事故調書、無断で書き換え=警部補を書類送検―滋賀県警

 交通事故の供述調書を無断で書き換えたとして、滋賀県警が40代の男性警部補を虚偽有印公文書作成・同行使容疑で書類送検していたことが16日、分かった。

 送検は6月21日付。警部補は7月21日付で所属長訓戒の内部処分を受けた。

 県警監察官室によると、警部補は4月下旬、軽貨物車と軽乗用車の接触事故を担当。双方の運転手は当初「けがはない」と話したが、無免許と判明した軽貨物運転手に警部補が事情を聴いている間、軽乗用の運転手が別の警察官に「首に異常があり、病院に行くかもしれない」と話した。

 数日後、警部補が勤務先の署に提出した軽貨物運転手の調書と、別の警察官が作った軽乗用運転手の調書が異なっていたため、交通課員が確認を要請。警部補は軽貨物運転手に確認せず、「相手にけががあるかもしれない」と供述したように書き換えた。警部補は「核心部分ではなかったので安易に書き換えてしまった」と話しているという。

 最終更新:8月16日(火)11時34分 「時事ドットコム」より
交通事故の供述調書を平然と書き換えると言うトンデモない行為をしでかした滋賀県警に勤務する40代の男性警部補、この警部補の言い分は何とも呆れます。

今年4月下旬に軽貨物車と軽乗用車の接触事故が発生し、その警部補がこの事故の処理を担当したけど、軽貨物車の運転手が無免許だったことが発覚し、その事情聴取をしていたところ軽乗用車の運転手が別の警察官にケガしたから病院に行くと言ったところから事態はややこしくなった。
その後自分が作った調書と別の警察官が作った調書が異なっていた為、滋賀県警が調べたところ警部補による書き換えが判明、これについて「核心部分ではなかったので安易に書き換えてしまった」ですから、交通事故をこんな軽々しく扱って何考えてんだ!! 多分この警部補は軽貨物車を運転していた者が無免許だったからそっちを重視したかもしれないが、事故でケガ人が出てるのに、ケガした方にすれば「ふざけんな!!」って言いたくなります。

無免許運転は問題だが、事故でケガ人が出てる方も問題、警察はどっちを重く見てるのかと言いたくなる。

警部補は先月に所属長訓戒処分を受けたが、交通事故処理をこんなぞんざいに扱ったことを考えたらばこの処分は軽くないだろうか、ホント・・・。

theme : このたわけ者ッ!!
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード