天皇陛下のお言葉は

国民に向けた大事なメッセージを発表する日を迎えました。天皇陛下の胸中は相変わらず・・・。

引用

「象徴の務め困難に」天皇陛下、生前退位を示唆

 天皇陛下は8日午後3時から、国民に向けたビデオメッセージで「高齢になった天皇の望ましい在り方」についての考えを発表された。

 数年前から、体力の低下を覚え、これから先の身の処し方を考えるようになったとして、「今後、象徴としての務めを果たすことが難しくなる」と述べ、「終身天皇」を前提とした制度の問題点を挙げながら「生前退位」の意向を示唆された。政府は陛下のお言葉を受け、安倍首相がコメントを発表する予定。

 ビデオでは、天皇という立場上、現行の皇室制度に具体的に触れることは控えるとしたうえで、約10分間にわたり、個人的な考えを述べられた。

 陛下は即位からの28年間を振り返るなかで「人々の傍らに立ち、声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切」と天皇観を語られた。だが、2003年に前立腺、12年に心臓の手術を受け、80歳を過ぎ、「全身全霊をもって象徴の務めを果たすことが難しくなるのではないか」と案じられている。

 陛下に配慮した公務の削減について「象徴としての行為を限りなく縮小していくには無理がある」と述べ、国事行為を代行する摂政を置く場合も「天皇の務めを果たせぬまま、生涯天皇であり続けることに変わりはない」との考えを示された。

 また、天皇の崩御とともに皇位が継承されるいまの制度で、天皇が健康を損なうと国民の暮らしに影響が及ぶことや、葬儀と即位の行事が同時に進み「残される家族が厳しい状況下に置かれる事態」を避けたいとの気持ちも明かされた。

 最後に、お言葉を発表した理由について「象徴天皇の務めが途切れることなく、安定的に続いていくことを念じ、気持ちを話した」と説明。国民の理解を得られることを「切に願っている」と締めくくられた。

2016年08月08日 15時00分 読売新聞
8日午後3時頃、国民に向けたビデオメッセージを発表した天皇陛下、そこで「高齢になった天皇の望ましい在り方」と言うテーマで高齢の今を考えて「象徴の務めが困難になった」として生前退位の意志を改めて示唆したようです。

終身天皇を前提とした皇室制度の問題点に言及しながらも、生前退位の意向を買えない天皇陛下、常に国民の立場に立って寄り添い、声に耳を傾け、そして思いを共有してきたけど、28年も公務に携わってきただけにこの場を借りて重大発表したことは有意義なことですし、国民の理解も得られます。
このお言葉を聞いて、天皇陛下の意志を尊重せねばならないのは当然だが、今の皇室典範を変えるべき時期を迎えたのではないでしょうか?

充分務めは果たしたんだし、皇太子さまに譲るべきだと思います。
が! 宮内庁と政府がここでムダな議論を重ねて有意義な結論もないまま有耶無耶になってしまうことだけは避けたいです。それじゃ天皇陛下の意向を尊重していないと思われるだけですから、政府や宮内庁は天皇陛下の意向を重んじるべきではないでしょうか。

theme : 天皇陛下・皇室
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード