リオデジャネイロオリンピック前だと言うのに・・・!!

今週土曜日に開幕するリオデジャネイロオリンピックここまで課題山積でいかがなものか? 国民の不満だけが溜まる一方です。

引用

五輪直前、また全国デモ=政治混乱収束せず―ブラジル〔五輪〕

【リオデジャネイロ時事】リオデジャネイロ五輪の開幕が迫ったブラジルで7月31日、停職中のルセフ大統領の退陣を求める全国デモが行われた。

 300万人超が参加し過去最大となった3月の全国デモより規模は小さかったが、五輪開催地リオでは海外の注目を意識した英語のプラカードが目立ったほか、参加者から「問題山積で五輪どころではない」と訴える声も上がった。

 ブラジル上院は来週にも、政府会計の不正操作で追及を受けるルセフ氏への弾劾裁判開始の是非を問う投票を行う。昨年から続く政治混乱は収束せず、南米初のスポーツの祭典に暗い影を落としている。

 リオのデモはビーチバレー会場近くの海岸で行われた。手作りの聖火を手にした歯科医エロン・メロさん(35)は、ルセフ氏に加え、在職中に五輪招致を成功させたルラ前大統領も批判。「医療や教育環境の改善が五輪より大切だ」と主張した。ただ、ルセフ氏らを批判する一方で五輪開催には前向きな参加者も多く、会社員フェリペ・ムレーさん(35)は「世界の注目が集まる。政治を変えるきっかけにしてほしい」と語った。

 ルセフ氏の支持者も各地で集会を開いた。弁護士シモーニ・ハベロさん(48)は、政治の混乱が五輪ムードの停滞につながっていると指摘しながらも、「五輪に罪はない。選手には頑張ってほしいし、開幕後は国民の盛り上がりも最高潮になる」と笑った。

 最終更新:8月1日(月)13時26分 「時事ドットコム」より
現在政府会計の不正操作疑惑により、職務停止処分を受けているブラジルジルマ・ルセフ大統領、そのルセフ大統領の辞任を求めるデモが先月31日にブラジル全土で行われましたが、もうすぐオリンピックだと言うのに、国内でここまで荒れてオリンピックは大丈夫なのかと言いたくなります。
治安・ジカ熱だけでも不安要素たくさんあるのに・・・(ジカ熱については収束宣言を出したものの)。

もうすぐオリンピックと言うことで海外のメディアが続々リオデジャネイロ入りしてますが、リオデジャネイロではそんな海外メディアを意識したのか英語でのプラカードが目立ってるけど、中身は大体が「問題山積で五輪どころではない」と言うもので、貧困や治安の問題が山積なのにオリンピックなんてしてる場合か!? ってことでしょう。
ルセフ大統領のみならず、大統領在職中にリオデジャネイロオリンピック招致を成功させたルラ・ダ・シルバ前大統領にも矛先を向けており、言うなればブラジル政府そのものに対する怒りをぶつける意味でしょうか。

だが、オリンピックで世界の注目が集まるだけにこれがブラジルの現状を伝えるにはうってつけだと言う声もあり、また政治のゴタゴタがオリンピックへの関心を薄らいだりでもすればと言う懸念だってあるでしょう。

まだ工事の遅れもあるだけに、開幕まで残りあと5日、ブラジルにとって試練は続きそうです。
それと開幕前だと言うのにここまでブラジルはヒドくなっていたのかと思うし、石油価格下落と政治の腐敗のしわ寄せがここまで深刻な状況となってるけど、こうなることをルラ前大統領もルセフ大統領も予想しなかったのでは・・・!?

theme : 国際ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード