「ウルフ」こと千代の富士、膵臓がんで死去

去年の北の湖に続き、また昭和の大横綱が天国へと旅立ちました・・・。
私が初めて相撲を知るきっかけになった力士だっただけに、残念でなりません。

引用

元横綱・千代の富士死去…「ウルフ」優勝31回

 大相撲で歴代3位の31度の幕内優勝を誇り、「小さな大横綱」と呼ばれた第58代横綱千代の富士の九重親方(本名・秋元貢)が31日午後5時11分、膵臓がんのため都内の病院で死去した。61歳だった。

 告別式は7日正午、東京都墨田区石原4の22の4九重部屋。喪主は、妻の久美子さん。

 九重親方は昨年9月、がんを患っていることを公表。治療を続ける一方、九重部屋での弟子の指導や、相撲協会での監察委員の業務をこなしていた。7月の名古屋場所にも姿を見せていたが、途中から体調を崩して休場し、帰京していた。

 北海道福島町生まれ。1970年秋場所で初土俵を踏み、75年秋場所で新入幕を果たした。110キロそこそこと軽量ながら、速攻相撲と抜群の運動神経で頭角を現し、関脇時代の81年初場所、北の湖との優勝決定戦を制して初優勝を遂げ、場所後に大関昇進を果たした。

 精悍な顔立ちから、「ウルフ」のニックネームで呼ばれ、大相撲は空前の「ウルフフィーバー」に沸いた。

 2016年08月01日 01時07分 読売新聞
「ウルフ」の名で呼ばれ、力士としては小柄ながらも鍛え上げた肉体を駆使して横綱にまで上り詰め、その姿が人気を博し若貴が出てくる前の相撲人気を起こした元横綱・千代の富士が、膵臓がんで先月31日に都内の病院で亡くなったって言うけど、あの大横綱がまさかと絶句するばかりです・・・。

近年では九重部屋で弟子を指導してたけど、去年の還暦土俵入り後に膵臓がんを発症しすぐ手術を受け回復して、弟子の指導や相撲協会の職務に復帰して健在ぶりを見せたけど、先月の名古屋場所中に健康不安を訴えて治療に専念したが、残念なことに帰らぬ人となったのだから、何とも言えません。

史上3位の幕内優勝31回、相撲界初の1000勝達成(最終的に1045勝)、そして相撲界初の国民栄誉賞受賞と相撲界におけるレジェンド中のレジェンド、最後はあの貴花田に敗れ「体力の限界」と言う言葉を残し土俵を去ったけど、ある意味これは時代の変わり目だったと映ります。

享年61歳、あまりにも早すぎる死です。61歳ですか、村山実やジャイアント馬場と同じ年齢で天へと召されてしまいました・・・。小さい体で大柄な力士に挑み、躍動感ある相撲と圧倒的な強さで相撲界を支えた名横綱・千代の富士、感動を有難うございました。
ご冥福をお祈りします。

theme : 訃報
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

こんばんは!

大相撲ファンの管理人さんとしては、元千代の富士が亡くなったことは残念じゃないですか!? 元北の湖(前理事長)も亡くなりました。
千代の富士って、引退時に協会からの一代年寄、「千代の富士」を断ったんですよね。そのときは協会の幹部、唖然としていました。

Re: こんばんは!

Gくん様

コメントありがとうございます。

千代の富士が亡くなったことは当然残念に思うし、去年の北の湖同様名横綱がまた・・・!! って感じです。
力士として小柄ながら鍛え上げた鋼の肉体と身体能力を駆使して圧倒的な強さを誇ったが、従来の力士像を変えたと言う功績も称えるべきでしょう。

引退後一代年寄の座を蹴って九重を襲名したのは今でも疑問です。大鵬といい北の湖といい、そして貴乃花といい名横綱は一代年寄になったけど、なぜ? です。理事長になることなく膵臓がんで突然死去した千代の富士、晩年はどうも不遇だったのも残念でならないです。ただご冥福を祈るしかないです。
プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード