シリア難民申請者がドイツで爆弾テロ

ミュンヘンでの惨劇が生々しい中、またも同じ惨劇が起こってしまいました・・・。
これはドイツの難民政策をも揺るがす事態にもなりそうです。

引用

独アンスバッハで爆発 12人負傷 容疑者のシリア難民申請者は死亡

【ベルリン=宮下日出男】ドイツ南部アンスバッハの中心部で24日午後10時(日本時間25日午前7時)ごろ、爆発が発生し、1人が死亡、少なくとも12人以上が負傷した。治安当局によると、爆発は爆発物によるもので、死亡した男がかかわったとみられる。現場近くで開かれていた野外コンサートを狙ったテロの可能性も視野に詳しい状況を調べている。

 容疑者はシリア出身の難民申請者で約2年前にドイツに入国。約1年前に申請は拒否されていた。過去に2度自殺を図ったことがあり、精神的な治療も受けていたという。

 アンスバッハが所在するバイエルン州のヘルマン内相は25日未明の記者会見で爆発を起こした理由について、自殺を図ったのか、他人も巻き込もうとしたのかは現時点で不明とした。容疑者はコンサート会場に入ろうとしたが、入場券がなく拒否されていた。

 検察担当者は容疑者について、イスラム過激派との関わりを示す証拠はないとする一方、今後、捜査する意向を示した。

 爆発の発生後、現場周辺は封鎖された。野外コンサートは22日から3日間の日程で開かれ、最終日を迎えていたが、この爆発で打ち切られ、約2500人の観客は避難した。

 アンスバッハは観光地としても知られる南部ニュルンベルクの西約40キロに位置する人口約4万人の都市。

 最終更新:7月25日(月)11時58分 「産経新聞」より
ドイツ南部・ニュルンベルクの近くにあるアンスバッハと言う町の中心部で24日、突然爆発騒ぎが起こり1人死亡、12人以上が負傷する事件が発生したが、ドイツではつい最近ミュンヘンにて銃乱射事件が起こり、テロへの恐怖が懸念された矢先のこと、またも同じことが起こってしまいました・・・。
アンスバッハはガリレオ・ガリレイと並ぶ17世紀の天文学者シモン・マリウスゆかりの町としても有名ですけど。

この爆破事件を起こした容疑者はシリア人で一昨年からドイツに入国し難民申請を当局に申請してたものの拒否されており、おそらく難民申請を認めようとしない当局への不満からこのような爆弾テロを引き起こしたのでは!? って勘ぐりたくなります。
事件現場は野外コンサートが開かれており、おそらく不特定多数の人々をターゲットにした感がする。

難民申請をしている者がこのような凶悪事件を起こす。ドイツではこれまでも難民絡みのトラブルや事件が後を絶たず、来る者は拒まずで難民を受け入れ続けたアンゲラ・メルケル政権に対する風当たりがきつくなりつつあるが、今回の事件はドイツ社会の難民に対する悪意と偏見助長もそうだしメルケル首相への不信感が余計出てきそうです。
死亡したのは爆弾テロを起こした容疑者と言うのも皮肉だが、またもドイツ社会に暗い影を落としかねないこの事件、アンスバッハがあるバイエルン州は「もう限界だ!!」って四苦八苦してるかも・・・!?

theme : テロ
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード