ロシアをリオ「参加停止」処分にはせず・・・!!

IOC(国際オリンピック委員会)にとってこれほど悩ましい決断はなかったでしょう。
公平性を取るか、一国との関係悪化を招くか、と言う選択肢の末。

引用

IOC苦渋の決断 ロシアのリオ五輪参加は条件付き容認

 国際オリンピック委員会(IOC)は24日、電話による緊急理事会を開き、国ぐるみのドーピング問題が発覚したロシアを8月5日開幕のリオデジャネイロ五輪から全面除外する処分は見送ることを決め、発表した。出場の可否は、厳しい条件をつけた上で、各国際競技連盟(IF)に判断を任せることになった。

 スポーツ大国を締め出し、深刻な亀裂を生むリスクは回避された。IOCのバッハ会長は電話記者会見で「国全体の責任か個人の正義かの判断でバランスを重視した」と説明。ロシア選手団全体に責任を負わせる厳罰を見送り、その競技を統括する各国際競技連盟(IF)に判断を任せる形を取った。スポーツの根幹である競技の公平性と五輪の価値が揺れる事態に、苦渋の判断を下した。

 その上で、厳しいハードルを設けた。国際競技連盟がロシア選手の出場を認める上で、過去にドーピング違反歴がないことや、信用できる国外検査をクリアすることなど厳しい条件を付けた。さらに、出場を受け付けた選手には、追加の競技外検査を義務付けた。

 バッハ会長は「決定に自信を持っている。IOCは個人の権利を尊重し、クリーンな選手を守らなければならない」と語ったが、リオ五輪開幕まで2週間を切った中で個々の選手の出場資格を巡って混乱は必至だ。IFは各選手の過去の検査履歴や、世界反ドーピング機関(WADA)の調査チームが18日に公表した報告書に記載のあった違反について、当該選手が関わっていないか調べなければならない。IOCはロシア陸上界のドーピング問題を内部告発し、国際陸連が国際大会出場を認めた女子中距離のユーリア・ステパノワの五輪参加は認めない方針を決めた。国際陸連が問題発覚への貢献を考慮し国際大会出場を認めたが、IOCは違反歴があることを問題視した形だ。

 WADAの調査チームは18日、14年ソチ冬季五輪などでスポーツ省が主導してロシア選手の禁止薬物使用を隠蔽(いんぺい)する不正があり、夏季五輪の20競技も対象だったと断定した。WADAはリオ五輪からのロシアの除外を検討すべきだとIOCに勧告。IOCは19日の緊急電話理事会で協議したが、潔白な選手の権利を侵害する可能性があることから結論を先送りしていた。

 21日にはロシア陸上チームの五輪参加禁止がスポーツ仲裁裁判所(CAS)の裁定により確定。国際パラリンピック委員会(IPC)は同国の資格停止に向けた手続きを開始していたが、IOCの判断が影響する可能性もある。

 【IOCが付けた主な条件】

 ▼1Fは信用できる国外検査のみを考慮し、各選手の過去のドーピング検査の履歴を調べなければならない。

 ▼1FはWADA調査チームの報告書に記載のあった違反について、選手名の情報をWADAに求める。違反のあった選手の参加は認めない。

 ▼ロシア・オリンピック委員会は過去にドーピング違反で処分を受けた選手はエントリーできない。

 ▼これらの条件を選手が満たし、CASの仲裁人がそれを承認した場合にエントリーを認める。

 ▼エントリーが認められた選手には追加検査を義務付け、受けられない場合は資格を取り消す。

 [ 2016年7月25日 06:24 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」]より
来月5日に開幕するリオデジャネイロオリンピックから国家ぐるみでドーピングを行ってきたロシアを“全部”参加停止にするかどうかについて、緊急理事会を行ったIOC、その結果は「全面参加停止ではなく、条件付きで認める」と言う半ばグレーに近い処分でしたが、コレッて「連帯責任」は好ましくないってことですか。確かにドーピングに関与してない選手にまで罰則を加えるのはフェアじゃないが・・・。

IOCが下した条件として、各国際競技連盟に対し各選手の過去にドーピング検査したかをチェックすること・WADA(世界反ドーピング機関)の調査チームの報告書に載った違反に関わっている選手の出場を認めないこと・これらの条件をクリアした選手はエントリーを認めるが、追加検査をしなければその選手の出場資格を剥奪する。と言うものだが、どうも各国際競技連盟に「丸投げ」してるように見えます。
IOCにすればロシアを全面的に締め出せばロシアとの関係を壊しかねないから、条件付き出場と言う処分を下したかも知れないけど、一部の国からIOCに対する不信感が出そうです。

各国際競技連盟に後は任せる。ってオリンピックを管轄するのはIOCでしょう!? IOCはハッキリ言ってスポーツ規律を分かってないとしか言い様がない。
この問題を告発したユリア・ステパノワについては過去にドーピング違反があったことで出場を認めない方針だが、むしろIOCはステパノワには感謝すべきじゃないのか?

どうも有耶無耶な結果に終わったとしか思えないが、スポーツはクリーンであれと言うけれどIOCはどうしてもそう思えません。FIFA(国際サッカー連盟)と同じく、組織としての体が全然なってないです。

theme : オリンピック
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード