そりゃねェだろって思うゲームのエンディング

ファミコン世代である私にとってゲームは身近なもので、プレイしてかつクリアしてその後見るエンディングと言うものは達成感と呼ぶべきものですが、中には疑問だけが残るエンディングも少なくないです。
中にはその作品を語る上で欠かせないツッコミ要素も多々ありますが。

さて私が選ぶ「そりゃねェだろ」って思うゲームのエンディングだが、
まず「たけしの挑戦状」、あれだけ難解な謎解きをクリアして「ついにたからをみつけたぞー」って目標を達成したはいいが、ラストはビートたけし本人から「えらいっ」って素っ気なく言われただけで、あれから5分経ったところで「こんなげーむにまじになってどうするの」だから、脱力する以外ないですし、無理難題の数々をクリアしたのに思わずツッコミたくなった。
「ミシシッピー殺人事件」、かなりのクソゲーと評される本作だが、事件解決後はおめでとうと言われながらゲームオーバーなんて表記、クリアして「やった!」と思う達成感ほぼゼロって感じ。
「バトルゴルファー唯」、最後は選択肢によって主人公が悪堕ちしたり爆発して消息不明になったりで、どれを選んでもダメじゃねェか!? ってやるせなさだけが残る。
「ファンタシースター2 還らざる時の終わりに」、ラスボスを倒した矢先、ホントの諸悪の根源が出て最後はダイジェスト方式で主人公を含め味方全員で悪の根源を攻撃して終わり、やりきれない気持ちで終わるゲームってどうよ? このゲームはかなり鬱な展開がところどころに見られるからなァ・・・。
「ライブ・ア・ライブ」(中世編)、今までのロールプレイングにおけるベタな部分をことごとく否定するかのような中盤からの展開、最後は親友と愛する人に裏切られ、全てに絶望した主人公が魔王と化す。こんなシナリオが存在していいものかとツッコミたくなったが、後年このゲームを語るとき必ずこの話題が出てくる。
「ロックマンX」、ラスボス・シグマを倒しその後悲壮感たっぷりなBGMが流れ、いかにも孤独なヒーロー感を強調してるが、無印「ロックマン」シリーズとの差別化を図りたかったんじゃ? エンディングが終わりそのままにするとシグマは倒されてなかったと言うオチだから、これは無印におけるワイリーと同じ扱いにしたと言える。

他にもありそうだが、とりあえず私の独断でこの6作を抜粋しました。
実際にプレイしたものもあるし「ゲームセンターCX」などで見たものもあります。ともあれ、ゲームにおけるエンディングって色々あるが、ツッコミたくなるようなオチややり切れなさだけが残る内容、続編につながるものだったりすれば何でしょうね・・・?

theme : ▼ゲームの話
genre : ゲーム

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード