相変わらず「強すぎる与党、弱すぎる野党」

予想通りの結果となった感がするが、ワンパターン的要素が大きいです。

引用

参院選の全議席が確定…自民が55、民進は32

 第24回参院選は11日、改選定数121の全議席数が確定した。

 各党の獲得議席は、自民党55、民進党32、公明党14、共産党6、おおさか維新の会7、社民党1、生活の党1、日本のこころを大切にする党0、新党改革0、無所属5。

2016年07月11日 07時13分 読売新聞
自民党が55議席を獲得、公明などと合わせて改選定数の過半数を超えたことで高笑い同然の安倍晋三総理、一方で野党、民進党が32議席だったものの他が全く振るわず惨敗に等しい結果となったけど、正直言って私とすれば相変わらず「強い与党・弱い与党」って見ます。

憲法改正にも言及しそこも強調した与党、与党批判が中心で自分たちなりの政策が二の次になった野党、結果として野党に票が集まらず消去法で与党に票に集まったからこうなった感もするけど、世論は憲法改正を望んでると言うことでしょうか。
憲法改正って言うけどさ、与党で一方的に決めるより国民投票で決めたほうが正しいと思うが、その国民一般が憲法について意味と理解が薄ければ意味がないんだよね・・・。

また18歳選挙権となって初となる国政選挙だった今回の参院選、肝心のその年代の投票率はどうだったかも気になります。

安倍政権の盤石ぶりに加え、不甲斐ない・情けない野党と言う構図は変わらなかったことが与党大勝につながったと思うけど、その与党についてもアベノミクスと憲法改正ばかり見て他のことに全然言及してないことについての批判は持つべきでしょう。与党も与党でホントに身近な問題に目を向けない「木を見て森を見ず」じゃいけません。今回の圧勝に自惚れて与党が行き過ぎた方向に走らないよう有権者が常に監視の目を光らせることも大事です。野党については今回の参院選は何がいけなかったのか、反省と検証をしっかり行って次の選挙対策につなげて下さい。です。

theme : 参議院選挙
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード