明日投開票だが、焦点は「憲法改正」?

アベノミクスだけでなく、アレみたいです。今回の参議院選挙のカギを握るのは・・・。

引用

参院選10日投開票 改憲是か非か議論加速 「3分の2」74議席勢い維持

 第24回参院選は10日に投票が行われ、即日開票される。自民、公明両党などの「改憲勢力」は最終盤でも優位に選挙戦を展開。憲法改正の国会発議の要件となる3分の2(非改選と合わせて162議席)に必要な74議席を確保する勢いを維持している。与野党の党首は選挙戦最終日の9日、各地で最後の訴えを行う。

 選挙戦では、安倍晋三首相(自民党総裁)の経済政策「アベノミクス」の是非に加え、消費税増税の再延期に伴う社会保障政策や安全保障関連法の是非、憲法改正も争点となっている。

 自民党(改選50)は60議席に迫り、公明党(同9)も10議席超えが確実な情勢だ。

 改憲に前向きなおおさか維新の会(同2)も勢力を伸ばしそうだ。非改選の改憲勢力は自民、公明、維新の3党に日本のこころを大切にする党や改憲に前向きな無所属・諸派4人を加えた88議席。

 このため、今回改選で74議席を確保すれば「3分の2」に達する。

 安倍政権下での改憲阻止を共通目標とする民進、共産、社民、生活の4野党は、32の改選1人区で候補者を一本化した。だが、20選挙区で自民党が優勢。野党統一候補が優勢なのは4選挙区程度にとどまり、選挙戦序盤から支持の広がりがみられない。

 民進党は改選43から大幅に議席を減らし、30議席割れも予想される情勢だ。岡田克也代表は「改憲勢力3分の2」の阻止を「最低限」の目標としており、阻止できなければ責任論は免れない。

 共産党(改選3)は10議席をうかがう勢いとなっている。

 今回の参院選では隣接選挙区を統合する合区を「鳥取・島根」「徳島・高知」で初めて導入した。また、選挙権年齢を「18歳以上」とする初の国政選挙で、18、19歳の約240万人が有権者に加わった。

                   ◇

 参院選には改選121議席(選挙区73議席、比例代表48議席)に対し、選挙区225人、比例代表164人の計389人が立候補している。

 野党が統一候補を立てなかった平成25年の前回参院選(計433人)より44人少ない。

                   ◇

 ■野党巻き込み 最大争点

 参院選の最終盤にきて、憲法改正をめぐる議論が俄然(がぜん)、盛り上がってきた。選挙の結果、衆参両院で改憲勢力が憲法改正の発議に必要な3分の2以上の議席を確保することが現実味を帯びる中、政府・自民党内からは議論の加速を訴える声が高まる。一方、野党は選挙戦を通じて「改憲阻止」を主張。安倍晋三首相(自民党総裁)の悲願が、参院選の最終かつ最大の争点になっている。

 「これから召集される国会で大いに議論を深め、共通点があればそこをテーマに深掘りすればいい」

 首相側近の萩生田光一官房副長官は8日の記者会見でこう述べ、秋に召集される臨時国会で憲法審査会の議論を前に進めるべきだとの認識を示した。

 自民党は今回の参院選で、野党と同じ土俵に乗ることを避け、憲法改正問題を積極的に取り上げてこなかった。しかし、野党は一貫して「首相は必ず憲法9条改正に手をかける」(民進党の岡田克也代表)などと主張。これに対し、自民党の高村正彦副総裁は5日、「将来は知らないが、(ただちに9条を改正する)可能性はゼロだ」と否定するとともに、最初の改憲条項として、大規模災害時の国会議員の任期延長を含む緊急事態条項創設を候補に挙げた。

 党内では、平成30年9月の安倍首相の総裁任期までに、改憲条項の絞り込みに向けた与野党の協議を終えるべきだとの意見がある。

 公明党の山口那津男代表も8日、川崎市での街頭演説で「新しい価値が生まれてきた場合には憲法規定として加える『加憲』の立場だ」と強調。「憲法改正を容認するにしても自民党とはアプローチの仕方が全く違う」とも述べ、自民党との距離感をにじませつつも、議論の輪には加わっている格好だ。

 民進党は参院選序盤から、改憲阻止を最大の争点に掲げてきた。岡田代表は8日も三重県四日市市で記者団に「改憲勢力が3分の2の議席を取ればどうなるのか。そのことを分かってほしい」と語った。

 ただ、現在は「3分の2阻止」で一致結束する民進党だが、そもそも党内には前原誠司元外相や長島昭久元防衛副大臣ら明確な改憲派もいる。参院選の結果次第では、民共連携に突き進んだ岡田氏の進退とともに改憲か否かの路線問題が再浮上する可能性もある。

 共産党も不破哲三前議長が5日の甲府市の演説で「安倍さんは任期中に憲法改定を押し通し、国民に押しつける」と警鐘を鳴らした。だが、選挙戦では党の矛盾した姿勢も明らかになった。綱領は憲法について「全条項をまもる」とし、違憲とする自衛隊の解消を唱えているのに、「当面は自衛隊を活用する」と説明したことで、与党の格好の攻撃材料となった。

 志位和夫委員長は「今問われているのは自衛隊をなくすかどうかではない。自衛隊を海外での戦争に投入していいかどうかだ」と弁明に追われるが、図らずも共産党が憲法改正議論を活性化させた形だ。

 最終更新:7月9日(土)7時55分 「産経新聞」より
明日はいよいよ投開票となる参院選、今日が最後の訴えとなるだけに各党熱が入ってるけど、与野党ともに取り上げてるのがアベノミクス及び憲法改正問題です。

自民・公明の与党にすれば今回の選挙で憲法改正に必要な3分の2ラインに達する74議席が欲しいが、それを阻止しようとする野党がどれだけ議席を取るのかだが、改憲派は自民・公明だけでなくおおさか維新の会と日本のこころを大切にする党もあり、それらがどれだけ取れるかも焦点でしょう。維新は橋下徹氏なしでどれだけ影響力を発揮できるかもだが。

憲法改正を問うものにもなった今回の参院選、当初はアベノミクスの成果を問うものだったがいつから憲法改正が重要課題になったんでしょうか。それと舛添とカネの問題で表面化した政治資金規正法について触れないのはいかがなものか?
与党はアベノミクスの成果ばかり強調、野党は与党批判ばかり、正直言って単純思考もいいところだし、相手を批判ばかりして自分たちの大義と言うか主義主張を強調しないのは下らないリップ・サービス以外の何物でもない。だから投票率が低下する原因にもなるんです。

憲法改正も大事だがそれ以上に大事なことがあるだろ!? って総ツッコミを食らってもおかしくないが・・・。
またアベノミクスで経済が良くなったと言うけれど、どこがだ!? って総ツッコミでしょうね。円安を誘導してると批判されたりイギリス問題で日経平均株価が乱高下したりで不安定じゃないですか。

とにかく、明日は日本の将来に関わるだけに必ず投票に行きましょう!!
ちなみに私は期日前投票してきました。

theme : 日本の未来
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード