ネグレクト殺人を犯した“自称”シッターに無期懲役

ベビーシッターのイメージを悪くしたことはイザ知らず、子供を邪険に扱う全く持って許されない行為だからねェ・・・。
厳罰は当然!!

引用

<ベビーシッター事件>28歳被告に無期求刑 横浜地裁公判

 ベビーシッターとして預かった横浜市の2歳男児を窒息死させたなどとして、殺人や保護責任者遺棄致傷などの罪に問われた物袋(もって)勇治被告(28)の裁判員裁判の公判が8日、横浜地裁(片山隆夫裁判長)で開かれ、検察側は無期懲役を求刑した。論告で「シッターの立場を悪用し、多数の子供に性犯罪を繰り返した上での前代未聞の誘拐殺人。最大限重い処罰が必要」と述べた。

 検察側は一連の事件について「子供の預け先に困った親の弱みにつけ込み、抵抗できない多数の子供にわいせつ行為を繰り返した末、性欲を満たすため母親をだまして男児を誘拐し、殺害した」と主張した。無罪主張する被告を「罪を免れようと、あり得ない話を繰り返し、反省は皆無」と批判し「子供への性犯罪の常習性などを考えると再犯に及ぶ可能性は極めて高い」とした。

 起訴状などによると、物袋被告はインターネットのベビーシッター仲介サイトに別人を装って登録し、2014年3月、横浜市の女性にメールを送るなどして、わいせつ目的で長男と次男を誘拐。埼玉県富士見市の自宅マンションで長男にわいせつな行為をした上、鼻や口を手でふさぐなどして窒息死させたほか、次男にミルクを与えるなどの必要な世話をせず重度の低血糖症に陥らせたとされる。

 さらに、兄弟の他にも、預かった幼児約20人にわいせつな行為や裸を撮影する行為をしたとされる。

 弁護側の最終弁論は午後に行われ、幼児を裸にして撮影したとされる児童ポルノ禁止法違反以外の起訴内容については無罪を主張する見通し。判決は今月20日。

 毎日新聞 2016年7月8日 11時40分
一昨年埼玉県富士見市で、ベビーシッター仲介サイトに別人と偽って当時2歳男児や乳児を預けたが、男児にわいせつ行為を犯しただけでなく鼻や口を塞ぐと言う悪質極まりない行為をして殺害しただけでなく、乳児にはミルクを与えないなどして低血糖症にさせるなどの残酷な行為をしでかし、殺人と保護責任者遺棄致傷容疑で逮捕・起訴された“自称”ベビーシッターの被告に対して「シッターの立場を悪用し、多数の子供に性犯罪を繰り返した上での前代未聞の誘拐殺人。最大限重い処罰が必要」と横浜地裁は無期懲役を言い渡したって言うけど、子供をこんな惨たらしく扱って死なせた以上厳罰以外ないと思ったが、無期懲役は微妙なところです。

親が子供を預けるかどうか迷っていたところにつけ込んで、子供にこのような酷いことをするなど人間性の欠片などないし、ましてや性的な嫌がらせを繰り返して自分の快楽の道具にしたんだから、悪質では済まされないレベルだ!!
そいつは人間じゃない、野蛮なケダモノもいいところだ!!

ましてこの被告は無罪を主張してしらを切ってることも腹立たしい、下らん弁解に終始して罪を免れようとする態度もまた悪辣極まりない。被害はこの事件における男児だけでなかったこともまたこの男は相当な小児性愛者だったってことを裏付けます。

子供を狙った性犯罪は常習性が強く、再犯率も高いことを考えた以上無期懲役を言い渡したけど、判決は今月20日だから、出来ればこの被告には無期懲役か終身刑にしてほしいよ。子供を狙った悪質な犯罪には厳罰を持って処すのが世の常です!!
仮に出所してもそいつにGPSを取り付けて一生監視した方がいいと思う。こう言う人間が社会に存在すること自体危なっかしいし物騒だ。

theme : 刑事事件・裁判関連ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード