自衛隊にその命令を出すのは当然だ

いつまたミサイルをぶっ放してもおかしくないだけに、その対策は練るべきです。

引用

北ミサイル発射の兆候、自衛隊に破壊措置命令

 中谷防衛相は21日、北朝鮮が弾道ミサイルを発射する兆候があるとして、自衛隊に迎撃態勢をとらせる「破壊措置命令」を発令した。

 政府関係者が明らかにした。発令を受け、自衛隊は東京・市ヶ谷の防衛省などに地上配備型誘導弾「PAC3」を配備するほか、日本海に迎撃ミサイル「SM3」を搭載するイージス艦を展開して警戒・監視を強める。

 政府は先月30日にも破壊措置命令を出したが、同31日に北朝鮮が中距離弾道ミサイル「ムスダン」とみられるミサイルの発射実験に失敗したことを受け、今月2日に命令を解除していた。

2016年06月21日 13時26分 読売新聞
先月31日に中距離弾道ミサイル「ムスダン」を放ちながら失敗した北朝鮮、拍子抜けを食らったからか今月に破壊措置命令を解除した日本政府、あの国のこと、秘密裏にミサイルを開発して予告もなく突然ぶっ放してもおかしくないから、政府としては自衛隊に対して迎撃姿勢を取るよう有事的な措置をすぐに出さねばいけません。
それを思ってか、中谷元防衛相は一度解除した破壊措置命令を21日に再び発令したけど、当然の措置だと思います。

その前にミサイル発射基地をどうにかしろって言うけど、主権侵害したんじゃ問題だから、迎撃姿勢を取ることが最低限のことかも知れません。

防衛省などにPAC3(地上配備型誘導弾)を配備したり、日本海に迎撃ミサイルを搭載したイージス艦を派遣するなど、抜かりはないがPAC3に関しては常時配備していいくらいだ。まして北朝鮮だけじゃなく中国にも適用していいんじゃないかと思うし、主権を守る為には厳重な姿勢で臨みましょう。

これ以上北朝鮮をつけ上がらせない為には、他にも手段はあるべきだと思います。

theme : 軍事・安全保障・国防・戦争
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード