ベイルに引っ張られる形で首位通過

今大会のダークホースとなる可能性大です。今までラグビーしかスポーツ界で輝けなかったあの地域が。

引用

ウェールズが首位通過 イングランドも決勝Tへ

<欧州選手権フランス大会>◇1次リーグB組◇20日◇トゥールーズほか

 1次リーグB組の最終戦が行われ、初出場のウェールズがロシアに3-0で快勝し、2勝1敗の勝ち点6で同組を首位通過した。

 ウェールズは前半にラムジーのゴールなどで2点を先行。後半にはベールが追加点を奪った。

 イングランドはスロバキアと0-0で引き分け、1勝2分けの勝ち点5の2位で16強による決勝トーナメントに進んだ。スロバキアが3位、ロシアは最下位だった。

 [2016年6月21日8時11分 「nikkansports.com」]より
グループリーグも終盤に差し掛かったユーロ2016、既にグループAはフランスとスイスが決勝トーナメントに進出してますが、続くグループBはイングランドが本命で残る3ヶ国が横一線で拮抗してますが、そのイングランドを抑えて首位通過したのはウェールズみたいです。

初戦のスロバキア戦で2-1の勝利で飾って幸先いいスタートを切るも、続く「バトル・オブ・ブリテン」と呼ぶべきイングランド戦では1-2で惜敗、正念場となった3戦目、相手はロシア、勝利しなければ決勝トーナメント進出が危うくなる大事な試合ですが、前半11分にアーロン・ラムジー(アーセナル)のゴールで先制すると、22分にはニール・テイラー(スウォンジー・シティ)が追加点を叩き出し前半で2点をリードする優位な展開にすると、迎えた後半22分には今大会2試合連続ゴールを記録しているガレス・ベイル(レアル・マドリー)がダメ押しとなる3点目をマーク、試合はそのままウェールズがロシアの反撃を許さず3-0で勝利、イングランドはスロバキアと引き分けた為ウェールズが勝点でイングランドを上回って首位通過となったようです。

3試合連続ゴールのベイル、そのベイルに引っ張られる形で1次リーグを首位通過したウェールズ、ハッキリ言ってベイルのワンマンチームと言うわけでなく、ラムジーなど好タレントを擁しており、かつてのライアン・ギグスやイアン・ラッシュの時代には違うってところを大いに見せつけてます。そのギグスは今のウェールズを見てどんな心境でしょうか。

ガレス・ベイルが牽引する今のウェールズ、イングランドを抑えての首位通過はウェールズにとって喜ばしいが、ホントの勝負はここから。

theme : EURO2016
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード