期日前投票所を学校にも設けます

選挙権引き下げに伴い、新たな措置も必要ですからねェ・・・!!

引用

90大学、20高校に期日前投票所=投票率アップへ自治体【16参院選】

 選挙権年齢を18歳まで引き下げる改正公職選挙法の施行を受け、22日公示の参院選で少なくとも全国90の大学、20の高校に、期日前投票所が設けられることが20日、時事通信社の調べで分かった。大学への設置数は昨年4月の統一地方選と比べ、大幅に増加。若者世代の投票率アップへ向けた各自治体の積極的な取り組みが背景にある。設置を検討中の自治体もあり、さらに増える可能性がある。
 総務省は選挙権年齢引き下げをにらみ、昨年7月と今年4月、全国の自治体に大学などへの期日前投票所の設置を促す通知を出していた。昨年4月の統一地方選時は12大学(総務省調べ)だったが、今回は全国38道府県の90校に上った。
 このうち、京都市伏見区の龍谷大深草キャンパスでは、学生側が今年2月、市選管に設置を要望し、期日前投票所が設けられることになった。大学側の推計によると、同キャンパスの学生約1万1500人のうち、投票できるのは同区内に住民票がある300人程度。大学側は「区内に住民票を持たず大学内で投票できない学生にも選挙をアピールできる」と意義を強調する。
 高校は、11府県20校に設置が予定されている。鹿児島県南さつま市の私立鳳凰高では、「生徒に政治参加への意識啓発を行いたい」(市選管)として、立会人も生徒に務めてもらう方針だ。
 校内に設置される期日前投票所は、一般の有権者も利用できる。ただ、通っている学校の投票所を使える生徒・学生の数は限られることから、設置期間は1~3日程度が多く、最長は神戸市の神戸市外国語大の8日間。最短は長崎県松浦市の県立松浦高校と同県平戸市の県立平戸高校で、昼休みの45分間の1回限りという。

 最終更新:6月20日(月)14時54分 「時事ドットコム」より
来月10日に投開票となる参議院選挙、これは選挙権が18歳に引き下げられてから初となりますが、総務省が今年4月に大学などに期日前投票所を設けるべきだと全国の自治体にお達しを出したが、全国90の大学、20の高校に期日前投票所が設けられることが明らかになったけど、学校を期日前投票所にするのは投票率アップが狙いなのかそれとも・・・。

今まで期日前投票と言えば市町村役場などでしか出来ませんでしたが、学校にも設けることで若者世代の投票率アップにつながるし、選挙とは何かをこれからの世代に伝える役割だってありますからね。

ただ大学に関しては学生には地方出身者もおり、当然選挙区が異なるし住民票を地元に残している者も少なくないし、どうやって投票するのかと言う問題もありますが・・・。
「生徒に政治参加への意識啓発を行いたい」として、政治参加を促す方針を取る学校もありますが、学校内では政治活動が制限されるだけに、学校側には難しい舵取りを余儀なくされそうです。

theme : 選挙
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード