AVの悪いイメージをまた助長しそう

ついこの前、女性に対してグラビアモデル契約と謳っておいてAV(アダルトビデオ)出演を強要したとして、とあるAVプロダクションの元社長らが労働者派遣法違反容疑で逮捕されたって言うけど、今回被害を受けた女性のみならず同様の被害を受けたとされる女性もいっぱいいる為、AV出演強要被害や被害者救援の活動を行う人権団体「ヒューマンライツ・ナウ」に訴えている者も少なくなく、AVメーカーやプロダクションに対する捜査のメスが及びそうです。

ただ今回の事件に関しては、プロダクション側に大きな問題があると思うね。
グラビアモデルとして契約させておいて、その契約書に「成人向けの作品も出演する」と小さく書いたことが問題、回りくどいって言うか狡猾もいいところだよね。案の定その女性がAVの撮影現場に連れてこられてそれを拒否すると契約書を盾に脅して強制的にさせられたって言うから、あまりにもヒドいし労働者派遣法違反じゃ済まされない。詐欺と強要「違約金を払え」と脅したから恐喝罪が適用されてもおかしくないです。
若い女性に芸能界デビューをちらつかせて実はAV出演させると言うケースは、一部の悪質なスカウトによる行為だが、そこまでして何をしたいのかと言いたくなる。グラビアモデルとして契約すると偽ってAV出演を強要させるのは女性の権利を侵害する悪質な行為だって言う意識があまりにもなさ過ぎるし、性的搾取以外の何物でもない。

ただでさえAVに対しては未だに一部で偏見が根強く、批判的な意見だってあるだけに批判的なイメージをさらに助長しかねないです。性教育を全くしなかったことで日本社会には性的なコンテンツ、即ちアダルトコンテンツに対して不当な偏見があるのも事実だが、今回のケースはアダルトコンテンツに対する不当な偏見助長のみならず女性の権利を侵害するけしからん行為だと思われ、余計AVに対する偏見と批判的なイメージを助長するだけではなかろうか。AV=性的搾取を助長する。なんて悪いイメージを世間に与えたらどうするのか。

業界にも問題は大いにある、一部にああ言う悪質な行為も厭わないメーカーとプロダクションがあることも事実だが“曰くつき”な業者を根絶させると言う意識も必要です。即ち、業界そのものが自浄能力と言うかコンプライアンスを順守する。ってことだ。これがポルノ先進国である欧米ならばこの手の業者はまず「追放」されるが。

テレビ東京系で放送されていた「マスカット」シリーズの影響もあってか、AV女優のイメージも変わってきてAVそのもののイメージを良くなって「市民権」を得た矢先にこのような実態が発覚、本人の意志を無視して強制的にAVに出演させると言う手口は女性の権利を無視した行為であり利己的な金儲け以外の何物もでもなく、いわゆる「金儲けをする自由」の行き過ぎた弊害でもあるんだよ。金儲けのためなら性的搾取も厭わない、立派な人権侵害もいいところだ。
このプロダクションのしたことはAVそのものへのイメージ悪化はイザ知らず、アダルトコンテンツに対する根強い偏見及び女性の権利の問題も相まって、ヒューマンライツ・ナウだけでなくフェミニスト団体からも大ブーイングを受けてもおかしくない。女性の権利を全く尊重しないような業者は、直ちに業界から追放した方がAV業界はイザ知らず世間一般の為だと思うね。

theme : 最新のニュースに一言
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード