舛添都知事、それで反省したつもりか

ことの重大さを重く見てるのかと思うとそうは思えないです。

引用

「公私明確に」「心から反省」…舛添氏続投意向

 政治資金の私的流用疑惑を指摘されている舛添都知事が6日、調査報告を公表した。

 違法性はないとしながらも、政治資金からの支出の一部が「不適切」とされたことに、知事は「心から反省している。今後は公私の区別を明確にする」と発言。代金返却の必要性を指摘された支出は同額を慈善団体に寄付し、公用車使用が問題となった湯河原の別荘については売却する意向を示した。一方で、「信頼を少しでも取り戻すべく、粉骨砕身、都政の運営に努めたい」と、知事を続投する考えを改めて示した。

 記者会見での舛添知事の主な発言は以下の通り。

 ――多岐にわたって公私混同が指摘されているが、責任はどう取るのか。

 「都民の代表である都議会の先生方としっかり議論し、質問に答えていきたい。その過程で対応を考えたい」

 ――グレーの部分が都民の不信感につながっているが、どう信頼回復を図るか。

 「今後そういうことのないよう、改めたい。生まれ変わった気持ちで都政に全力を挙げる。一朝一夕では信頼回復できないが、都民のために努力していきたい」

 ――違法ではないということについては。

 「不適切な点がたくさんあるという厳しい指摘を受けたので、まさに汗顔の至りだ」

 ――あるべき政治資金の使い方と言えるのか。

 「適切でないという指摘はまさに恥ずかしい限り。今後は二度とそういう批判をいただかないよう全力を挙げて努力したい」

 ――知事の続投はどういう判断なのか。

 「反省すべきは反省し、今日の厳しい意見をふまえて都民のために働きたい」

 ――納税者は納得すると思うか。

 「有権者の判断にお任せします」

 ――知事の資質が問われているのではないか。辞職する考えはないか。

 「イエスかノーかで答えるようなものではないし、そういう問題だと考えることは、都民に対して失礼だ」

 ――世論調査でも辞職すべきだという声も上がっている。

 「厳しい批判を受けていることを真摯に反省し、全力を挙げて都政のために働く」

2016年06月07日 08時23分 読売新聞
政治資金の私的流用問題で世間の大ブーイングを受けている舛添要一東京都知事、6日に調査報告を公表したけど、一連の問題について当の舛添都知事は「心から反省している。今後は公私の区別を明確にする」って陳謝したけども、今後は公私の区別をってあのゲームの小冊子に書かれた記述通りになるかどうかは正直疑わしい。

それでいて続投を公言した舛添都知事だけど、問題起こしておいてその態度は何ですかと言いたくなる。甘利明氏もそうだが。
「厳しい批判を受けていることを真摯に反省し、全力を挙げて都政のために働く」って世論調査でほとんどが「辞職すべき」って言う意見を無視するようなものではなかろうか。これを聞いた都民のほとんどが「ふざけるな!」「ケジメを取って辞めちまえ!」って怒り心頭でしょう。

説明責任を果たしたとは思えない舛添都知事、そりゃ都民にとって怒るのは無理も無い。
自分たちの税金で好き勝手されたんじゃ溜まったもんじゃないし、いわゆる待機児童問題などが解決しない理由が舛添都知事の浮世離れした金銭感覚のせいだって言いたくなるのも当然だと思うよ。

かえって世論を怒らせる結果にしかならなかった今回の会見、それでも辞めないと言う理由は来月の参議院選挙及びリオデジャネイロオリンピックに悪影響が出るってことだからかも知れないが、どうもスッキリしない。それと甘利氏にも通ずる部分があるけど、とりあえず陳謝すれば済むなんて浅はかな考えは通用しないと思う。心から反省ってそう言えばそれで済むレベルじゃないことは明らかです。

theme : このたわけ者ッ!!
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード