何と自衛隊演習場で発見

チリ・コピアポの落盤事故以来となる「奇跡の生還」でしょうか、コレ。
とにかく無事でよかったってことです。

引用

<北海道男児不明>6日ぶり保護…自ら名乗る、陸自演習場で

 3日午前7時50分ごろ、北海道鹿部町内の陸上自衛隊の駒ケ岳演習場内で、5月28日から行方不明となっていた北斗市追分4の小学2年、田野岡大和さん(7)が見つかった。北海道警によると、隊員が施設で発見した。大和さんが自ら隊員に名前を名乗り出たという。目立った外傷はなく、衰弱した様子もないという。病院で検査を受けた後、詳しい事情を聴く方針。

 道警によると、発見場所は、行方が分からなくなった七飯町の山中から6〜7キロ離れている。

 大和さんは28日午後5時ごろ、両親と姉の家族4人で鹿部町の公園に車で遊びに行き、帰宅中に七飯町の林道沿いの山林で1人置き去りにされた。家族は当初、山菜採りの途中ではぐれて行方が分からなくなったと説明していたが、その後父親(44)は「公園で人や車に石を投げつけたため、しつけの意味で置き去りにした」と説明を翻した。

 父親は車で数百メートル走った後、歩いて約5分後に戻ったが、大和さんの姿はなかったと話しているという。

 毎日新聞 2016年6月3日 09時04分
先月28日から行方不明となっていた北海道北斗市在住の小学2年の男児が無事に見つかったって言うけど、発見された現場は何と陸上自衛隊の演習場だったと言いますから、意外っちゃ意外です。

この6日間大掛かりな捜索だったことを考えたら、事件は意外な形で解決に至ったけど、無事に発見されたことは何よりだし、なぜ自衛隊の演習場に入ったのかも謎だが、この6日間は男児にとって相当怖かったろうね。目立った外傷もなかったことはいいことだが、なぜ自衛隊の演習場に駆け込んだのか? おそらく安全な場所を探してたんだろう。それも一人で演習場まで歩いたっていいことなのか・・・。
また捜索が暗礁に乗り出しつつあって悪い噂も出てきた矢先あっさりと見つかったことで安堵してるかも知れないが、この6日間は七飯町にとっても辛かったと思います。

それにしても、今回の事件で思うことはしつけの意味を問うものであることは間違いない。
当初警察に男児の父親は「山菜採りの途中ではぐれた」と供述しておいて実は「公園で人や車に石を投げつけたため、しつけの意味で置き去りにした」って言ったから、呆れてものが言えません。こんなことはしつけと言うより虐待です。パワハラです。限度を知らないもいいところです。子供がいくら悪いことをしたからってここまでやるのはやり過ぎにも程がある。いくらしつけと言え、恐怖を与えたり危険な目に遭わせようとするやり方はバラエティ番組における罰ゲーム的なもので、倫理上問題もいいところです。父親にその後待っているものは警察からこってり絞られるってことですかね。男児もまた悪いことをすれば報いを受けると言うことを痛感したんじゃないでしょうか。

theme : 社会ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード