可哀想なトラの赤ちゃん

アメリカの動物園で射殺されたゴリラもそうだが、動物にとってこのような災難に遭うのって何ともいたたまれません。

引用

トラの赤ちゃん40頭の死骸、寺院の冷凍庫に タイ

バンコク(CNN) タイでトラと触れ合える寺院として観光客に人気のあった通称「タイガー・テンプル」の冷凍庫から、生後間もないトラの赤ちゃん40匹の死骸が見つかったことが2日までに分かった。

同寺院からはシカの角や東南アジアに生息する哺乳類ビントロングの死骸、牛の角なども見つかっており、自然保護当局(WCO)は同寺院が死骸などを保管していた動機の解明に乗り出すとともに、トラを密輸していた可能性もあるとみて調べている。

死骸が見つかったのはタイのカンチャナブリ県にあるワット・パ・ルアンダ・ブア寺院。トラたちを別の施設に移す作業が5月30日に始まっていた。しかしこの作業を妨害するため寺院関係者が数十頭のトラを放ったとされ、当局は31日から麻酔銃を使ってトラの捕獲に乗り出し、1日までに52頭を捕獲した。同寺院で飼育していたトラは137頭に上る。

同寺院は観光客がトラたちの間を歩き回ったり一緒に写真を撮ったりできることで有名だった。
しかしWCOによれば、観光客がトラに襲われたという苦情が寄せられたほか、トラが虐待されていたことも判明。このためWCOは2001年に同寺院と協定を交わし、営利目的でトラを利用したり繁殖させたりしないことを約束させていた。

しかし同寺院はその後もトラを繁殖させ続け、赤ちゃんが生まれたらWCOに届け出ることを義務付けた規定にも従わなかったとみられる。WCOは寺院のトラ飼育免許を取り消すことを検討している。

タイ国立公園局によると、同国内では少なくとも33施設で1200~1300頭のトラが飼育されている。世界自然保護基金(WWF)は、トラが違法に取引されたり虐待されたりしないよう、他の施設も調査する必要があると訴えた。

最終更新:6月2日(木)11時57分 「CNN.co.jp」より
トラと触れ合えると言う触れ込みで観光客の人気を集めたタイの首都・バンコクにある「タイガー・テンプル」と言う愛称でお馴染みの寺ワット・パ・ルアンダ・ブア寺院で、何とトラの赤ちゃんの死骸が見つかると言うおぞましい事件が起こり、その数何と40匹と言いますから、トラ保護を目的としたこの寺でなぜトラが無残に死んでるのか!? どうもこの寺はおかしい。

さらにトラの赤ちゃんの死骸だけじゃなかった、何と鹿の角や他の動物の死骸も見つかったと言うから、悪趣味にも頬度がある。
この寺はトラと触れ合える反面、観光客がトラに襲われたり、トラが虐待されてるとの事実も発覚するなど、WCO(自然保護当局)が指摘してますが、WCOはこの寺がトラに限らず他の動物の扱いをぞんざいにしてるのでは? って勘ぐったんじゃ・・・!?
トラ保護は表向きで成長したトラを密輸してたと言う噂もあるが、だったら立派なワシントン条約違反もいいところだ。

自分たちの利益の為にトラを利用したとなれば、実に利己的で倫理的に大問題もいいところ、まして寺がそれをやったとなれば仏の道に反する行いで罰当たりにも程がある。希少動物を金儲けに利用するなど全く持って言語道断、動物愛護に対する意識がまるでないことをえらく曝け出すものです。
タイ政府はこの寺に対し厳しい罰でも下してほしいよ。

タイ国内では他にもトラが違法に扱われてる噂がある保護施設があるんじゃないかとWWF(世界自然保護基金)が調査を示唆するみたいだけど、トラを何だと思ってんだ!! トラを無慈悲に扱うなんてこの寺はイカレれます!! このトラたちがついこの前にアメリカの動物園で飼育員に射殺されたゴリラと同じに見えてくる。どっちも希少な動物なのに、なぜこうも無残に殺されてしまうのだろうか・・・。人間の倫理が問われるものです。動物愛護団体や環境保護団体を敵に回したな、この寺は。

theme : どういうことだ?
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード