陳謝してもほとんどが「許さない」「納得行かない」舛添都知事

今日から都議会ですが、その始まりは何と言ってもあの方の問題からでした・・・。

引用

舛添知事、都議会で謝罪…「経費厳しく見直す」

 東京都の舛添要一知事は1日午後に開会した都議会の所信表明で、批判を浴びている政治資金の私的流用疑惑や高額な海外出張費、公用車による別荘通いなど一連の問題について、「すべて私の不徳のいたすところ。批判を真摯に受け止める」と述べ、謝罪した。

 都庁にはこれまで、2万2000件を超える苦情や批判などが寄せられており、7日から始まる質疑で、舛添知事がどこまで説明責任を果たすか注目される。

 舛添知事は就任から2年余りで計9回、海外出張し、出張費が明らかになっていない今年4月の米国出張を除いても、総額約2億1300万円を支出した。所信表明では「全体の経費について厳しく見直しをする」と語り、航空機のファーストクラスの使用や、高級ホテルのスイートルームの利用を取りやめるなど、海外出張費の削減策を明らかにした。

 2016年06月01日 13時52分 読売新聞
「すべて私の不徳のいたすところ。批判を真摯に受け止める」と政治資金の私的流用疑惑や採算度外視の海外出張費、さらには湯河原の別荘に公用車で通っていた問題で世間から大顰蹙を買った舛添要一東京都知事、この日の東京都議会での所信表明で一連の騒動を陳謝したが、問題が問題だけに世論から「金返せ!」「俺達の税金で好き勝手しやがって!」「責任とって辞任しろ!」って怒号が起こりそうだが、いかに舛添都知事の問題が相当根の深い問題だってことだよ。

大体都知事に就任してからファーストクラスで海外出張を重ねては現地のホテルを利用する際高級ホテルを選んでかつスイートルームを選んだり、非常識ってレベルの金銭感覚を曝け出したが、何でこんなセレブのような言動ができるのか? 日本の政治家の金銭感覚が疑われるだけです。
これを重く見てか、舛添都知事はファーストクラスを使ったり高級ホテルのスイートルームは使わないって言ったけど、二度と薬物に手を出さないと法廷で更生を誓った清原和博みたいに都民のほとんどが半信半疑で見てるだろうね。

政治資金の不透明な支出について「第3者に任せる」と弁護士に依頼したけども、第3者と言う表現を使う辺り問題解決能力が欠如してるとしか思えない。
不徳のいたすところって「公私混同は失敗の元」とかつて自身を題材としたファミコンゲーム「舛添要一の朝までファミコン」ってソフトにおいて同梱していた小冊子にはそう書いてあったのに、その言葉と180度異なる言動をしておいてよく言えたもんだ。結果このゲームが見直されると言う皮肉となったが、後の祭り。

theme : このたわけ者ッ!!
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード