「ドラえもん」は「有害図書」である(その3)

ハッキリ言って「ドラえもん」と言う漫画やアニメは、子供の教育上悪影響を及ぼすもの以外の何物でもないと私はつくづく思っている。

その一つと言うか最もたる部分は、何と言ってもいじめや差別に当たる描写が多く、こんなものを子供に見せていいものかと私は思うんだ。昨今の教育現場においていじめが後を絶たない現状を見ていると。
ジャイアンがのび太をいじめたりするシーンとか、教師は一方的にと言うか目の敵にするかの如く接しているシーンとか、母親は常に怒ってばかりで愛情も感じられないシーンとか、ハッキリ言って見ててヘドが出るわ!! 弱い立場にいる者を周りが寄ってたかっていじめる。明らかにリンチと言うかパワハラであり人権侵害もいいところ、言うなれば教育問題の温床でもあるんじゃねェのか?「ドラえもん」は。それでいて「いじめを助長する」って非難の声が上がらないのも疑問。「北斗の拳」などは名指しで批判するくせしてなぜ「ドラえもん」はもっと批判しない!? 後者のほうがよほど暴力的な表現が多いと思うよ。

昨今の教育問題の温床でもある「ドラえもん」、PTAや教育関係者はなぜ「ドラえもん」を名指しで非難しないのかも疑問だ。
いじめや差別に当たる表現が多く、怠惰や堕落、依存症を助長する表現もまた多いものは青少年の人格形成に悪影響をもたらすだけで「百害あって一利なし」だよ。
「あんなこといいな、出来たらいいな」? バカタレ!! 「明日を見失った」だよ!!

いじめや差別が平然と横行する教育現場の実態がクローズアップされるたびに私は「『ドラえもん』的な価値観に毒されたなれの果て」と指摘したくなるし、パワハラが平気でまかり通る風潮もまたジャイアニズムの弊害に映るけど、こうなると「ドラえもん」って教育問題の象徴以外の何物でもないと思うよね。何が子供に夢を与える作品だよ、笑わせるなっての。こんなものはむしろ「子供に有害」いや「汚物」だ。だったら「汚物は消毒すべきだな・・・!」
そんなもんを教育分野に平気で普及させたことも教育問題の深刻化につながったんじゃないのか。教育者の倫理観が疑われてしょうがない「そんな子供だましが通用するか!」
「ドラえもん」キャラ全員に言いたいことが「お前はもう死んでいる」「やつらのために祈る言葉はない・・・」なら、その「ドラえもん」を有難がる教育者などに言いたいことは「てめぇらに今日を生きる資格はねえ!!」と言っておこうか。
とにかく、ダメ人間が主人公でいじめや差別に当たるシーンが多い「ドラえもん」こんなものは教育分野に持ち込むべきじゃない。子供たちがダメになり、社会もまたダメにするもの以外の何物でもない。北乃きいが主演した漫画原作のドラマ「ライフ」もだけど、いじめや差別に当たる表現が多い漫画やドラマは青少年に有害だし「表現の自由」と言え常軌を逸脱してる。

関連記事としてこちらも見て下さいませ。 → 「ドラえもん」は「有害図書」である その2

theme : 教育問題
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード