オーストリアは今後どうなるの?

難民の大量流入がもたらしたヨーロッパにおける極右の台頭、それを支持する世論が各国で増加傾向にあることを裏付けますが、これが国家元首にでもなったら・・・!?

引用

オーストリア大統領選、極右政党議員がリード

【ウィーン=笹沢教一】オーストリア大統領選の決選投票が22日行われ、「反移民」を掲げる極右政党・自由党の国民議会(下院)議員ノルベルト・ホーファー氏(45)が51・9%を獲得、緑の党元党首アレクサンダー・ファンデアベレン氏(72)を僅差でリードしている。

 23日に有権者の14%に相当する90万票もの不在者投票(郵便投票)の開票が残っており、結果が判明するのは同日昼(日本時間同夜)頃の見通し。

 ホーファー氏が当選すれば欧州連合(EU)初の極右政党出身の国家元首となる。

 フィッシャー大統領の6年の任期満了に伴う今選挙では、4月24日の第1回投票でホーファー氏が得票率35・1%で首位に立ち、ファンデアベレン氏が21・3%を獲得。連立政権を組む2大政党の社会民主党(中道左派)と国民党(中道右派)の候補がともに決選投票に残れない歴史的敗北を喫した。

 2016年05月23日 10時49分 読売新聞
現職のハインツ・フィッシャー大統領の任期満了に伴い大統領選挙が行われているオーストリア、その大統領選挙でトップを走るのが何と!? 反移民などを掲げる極右政党・自由党の国民会議所属のノルベルト・ホーファー氏で、僅差でリードとしているとは言えヨーロッパの歴史において極右政党が政権を握りそうな可能性が出てきそうです・・・。

なぜホーファー氏及び自由党の国民会議が支持を集めるのか? それには今のオーストリアのみならずヨーロッパが抱える問題が背景にあるみたいです。
オーストリアでは近年景気の低迷もありそれに伴い失業率が増加、さらに中東などからの難民や移民の流入も歯止めがかからず、景気低迷と大量にくる移民と難民への不満から極右支持が高まっていることでホーファー氏及び自由党の国民会議に支持が集まっていると言えます。言うなれば一部の国民が長年の景気低迷でどうしようもなく不安な状況に置かれており、客観的な見方が持てなくなってしまった弊害にも取れます。

極右が政権を握れば、その国において移民や外国人排斥が進みそうなリスクもあり、ギスギスした社会になってもおかしくないが、リベラル路線を取ってきたことへの限界をも露呈したように見えます。ポピュリズムに排外主義が加わったんじゃ末恐ろしいです。こうなると極右勢力が各国において勢いづきそうなリスクもあり、テロへの恐怖と不安から外国人嫌悪が進んで支持が集まりそうで、何か恐ろしい。

ナチスの教訓からヨーロッパにおいて人種差別や排外主義を強調する言動は忌み嫌われてるけど、それでもそれが根絶できてないのは社会に問題があるんでしょうか?

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード