それでも「一億総活躍」を強調するのか?

改めてこのキャッチフレーズは、結局は安倍晋三総理の実績作り目的でしかないです。

引用

1億総活躍へ税収増活用=アベノミクス成果を明記―骨太方針素案の全容判明

 政府がまとめる経済財政運営の基本指針「骨太の方針」素案の全容が17日、明らかになった。

 人口減少や少子高齢化といった構造的な課題に対処するため、「アベノミクスの成果も活用しつつ、1億総活躍社会の実現など重要課題への取り組みを推進する」と明記。株高や企業業績改善による税収の増加分や歳出改革で浮いた分を財源として、子育て支援に取り組む方針を打ち出す。

 政府は18日の経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)で素案を決定。31日に骨太方針の閣議決定を目指す。

 安倍政権下で税収は大幅に増加。2016年度税収見通しは57.6兆円と、政権発足1年目の13年度実績(47.0兆円)と比べて10兆円以上増える。

 政府内には税収の上振れ分を子育て支援の財源に使うべきだとの意見がある一方で、国債発行を減らして財政健全化を進めるべきだとの声も根強く、骨太方針での表現ぶりが注目されていた。

 素案は「経済再生は着実に進展し、税収が大幅に増加した」と強調するとともに、歳出改革による財政健全化も進んだことを指摘。その上で「『成長と分配の好循環』を回し、経済再生と財政健全化の好循環もさらに持続的かつ安定的なものとしていく」と訴えている。

 子育て支援については、「保育の待機児童は17年度、放課後児童クラブの待機児童は19年度末の解消を目指す」と明記、不足する保育士の処遇改善を打ち出す。同一労働同一賃金の実現など、非正規雇用労働者の待遇改善や働き方の多様化にも取り組む。

 最終更新:5月18日(水)10時41分 「時事ドットコム」より
「アベノミクスの成果も活用しつつ、1億総活躍社会の実現など重要課題への取り組みを推進する」「骨太の方針」素案の内容が明らかになったって言うけど、未だ意味が分からない「一億総活躍」なるキャッチフレーズ及び、全然全体的に恩恵がもたらされてないアベノミクスの正当性を訴えたくてやってるとしか到底思えません。

「経済再生は着実に進展し、税収が大幅に増加した」ってどこがだ!? 未だデフレ状態から脱却もしてない、日経平均だって不安定、財政赤字も一向に解消しないで経済再生とは甚だ疑問です。やってることは小泉純一郎元総理と転で変わらない。
税収増って、増税で上手く行くとは限らないし市民に負担だけを伴わせてるとしか言えないが、政治家は自分から身を削ろうって意識が改めてないのかと言いたくなる。富裕層や官僚を甘やかすだけのやり方はアメリカと転で変わらない。

経済再生と財政健全化って、議員定数削減や官僚など公務員の給与を10パーセントカットするとか、大企業から税金をすすんで取るとか、ムダなハコモノ及びダム行政の見直しとか、他にもあるのになぜそれらが出てこない!? ドイツみたいに政治家や官僚がすすんで身を削らなければ財政健全化なんてあったもんじゃない。

子育て支援について、保育士の待遇改善なども挙げてますが待機児童の問題だってあるし待ったなしなのは当然。
子供に関する問題であれば、貧困問題解消だったりあとは全ての学校において授業料の無償化なども視野に入れるべきです!! 子供にすすんで投資しないような社会には未来などない。ハッキリ言って一億総活躍を掲げる安倍政権は、また金儲け優先体質を大いに露呈してるとしか言い様がないです。これまでの行き過ぎた金儲け体質のせいで被ったダメージから学ぼうとしないのって政府はどんな神経してんだよ!?

theme : このままで、いいのか日本
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード