窮地のルセフ大統領

リオデジャネイロオリンピックを前に不安だけが残る状態が続いているみたいです・・・。

引用

大統領停職、大差で可決へ=リオ五輪控え混乱深刻―ブラジル

【ブラジリア時事】ブラジル上院の各議員は11日、ルセフ大統領に対する弾劾裁判開始への意見表明を行い、「大統領の罪を裁くべきだ」などと訴える議員が大勢を占めた。

 12日未明(日本時間同日午後)にも行われる採決では、賛成票が可決に必要な過半数を大幅に上回って、ルセフ氏は停職に追い込まれる見通し。8月のリオデジャネイロ五輪を前に、政治の混乱はさらに深まりそうだ。

 経済低迷が長引く中、ルセフ氏は財政悪化を隠すため、政府会計を不正操作したとして弾劾に問われた。大統領の停職は、1992年に不正蓄財疑惑を追及されたコロル大統領(当時)以来となる。

 弾劾裁判は数カ月続くとみられ、この間はテメル副大統領が大統領代行を務める。テメル氏は景気回復に最優先で取り組む方針で、既に暫定政権の財務相を内定。中央銀行総裁とスポーツ相を除き、ルセフ政権の閣僚は全員辞任する方針だ。

 ルセフ氏は「弾劾に問われる理由はない」と徹底抗戦してきたが、表舞台から遠ざかれば巻き返しは難しい。停職が大差で決まる見通しとなり、弾劾法廷でルセフ氏が罷免を言い渡される可能性が高まった。

 最終更新:5月12日(木)11時6分 「時事ドットコム」より
ジルマ・ルセフ大統領への不信から混乱に陥っているブラジル、そのブラジルでルセフ大統領に対する弾劾裁判が行われ、賛成多数で休職へと追い込まれそうです。
今年8月のリオデジャネイロオリンピックを前に最大の危機に見舞われたブラジル、治安といいジカ熱といい、そして政情不安といい立て続けに課題ばかり起こってますが、最近の経済低迷によりルセフ政権への風当たりが強まっていることに加え、ルセフ大統領が政府会計を不正操作したと言う事実が発覚したことが余計不信を助長したといえます。

「ルセフは辞任しろ!」「ルセフは有罪だ!」ってブラジル国民はおろか野党議員を中心にルセフ大統領に対して激しい怒りをぶつけてますが、ブラジル経済を立て直せず混乱させ、その上にオリンピックとワールドカップ開催でさらに財政的に圧迫しかねない状態を作ったから、なお更だと思うよ。
ハッキリ言ってオリンピックどころじゃないことは確か、日本も似てるよ。

それにしてもブラジル国民は利己的でやりたい放題の政治に対して激しい怒りをぶつけますが、日本もそう言うところは見習ったらとも言いたくなります。採算度外視の海外出張など浮世離れしてる都知事や自分の保身と利益しか見てない国会議員や地方議員がいるんだからねェ・・・。

半年間は大統領職を剥奪されそうなルセフ大統領、こう見るとブラジルも政治が安定しない国って感じです。
これまでジェットコースターよろしく経済が乱高下を繰り返してきたことがそれを物語ってるし。今のルセフ大統領が置かれている立場は、親善試合とは言え大敗したサッカーのブラジル代表と同じだと思う。

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード