駆け落ちを手助けして惨殺、ヒド過ぎます

隣国同様、女性の人権がえらく遅れてるってことを露呈したとしか思えないね。

引用

駆け落ち助けた16歳少女、部族会議命令で惨殺 パキスタン

イスラマバード(CNN) パキスタン北部カイバル・パクトゥンクワ州で、16歳の少女が知人の駆け落ちを手助けしたとして、部族会議の命令で惨殺される事件が起きた。

同州アボタバードの警察によると、少女は首を絞められて毒を飲まされ、ワゴン車に縛り付けられて生きたまま火を付けられた。警察は殺害にかかわった容疑で十数人を逮捕した。

調べによると、少女は近所に住む女性とその恋人の男性の駆け落ちに手を貸したとされる。4月22日の駆け落ちを受けて15人の委員による部族会議が開かれ、少女に対する「名誉殺人」の命令が出された。

警察によれば、駆け落ちした2人は居所を突き止め、今は安全な場所にいるという。逮捕された容疑者は対テロ裁判所に起訴される。

パキスタンの独立機関、人権委員会によれば、同国で親族によって殺害された女性は昨年だけでおよそ1100人に上る。

名誉殺人を告発したシャルミーン・オベイドチノイ監督の映画「ア・ガール・イン・ザ・リバー:ザ・プライス・オブ・フォーギブネス」は、今年のアカデミー賞で短編ドキュメンタリー部門賞を受賞した。

オベイドチノイ監督は、「私に言わせれば名誉殺人は計画的な冷血殺人だ。だが男たちは、女性が許可なく何かをしたとか、社会的に女性に許された範囲から逸脱したという理由で殺人を正当化する」と語っていた。

シャリフ首相も「名誉殺人に名誉はない。残酷な殺人を名誉と呼ぶことは、名誉を汚す行為にほかならない」と述べて対応を約束している。

最終更新:5月6日(金)15時11分 「CNN.co.jp」より
信じられないって言いますか、知人の少女の駆け落ちを手助けした少女が無慈悲に殺害されると言う今の時代には考えられない事件です。

パキスタン北部にあるアボタバード(あのウサマ・ビンラディンが最後に拘束されていた場所)で起こったこの事件、駆け落ちを手助けした少女に対しこれに激怒した親族によって「名誉の殺人」なるものを下されて、無残に殺されたって言うけども、パキスタンでもこのような慣習があるってことを内外にえらく晒したように見えます。ついこの前隣国インドでも同じようなことが起こったけど。

さらにパキスタン国内では親族によって殺害された女性は1100人にも上ると言われており、パキスタンで大きな社会問題になっている「名誉の殺人」、これこそ国連女史差別撤廃委員会で非難すべきテーマなのに同委員会は何をやってんでしょうか。
「私に言わせれば名誉殺人は計画的な冷血殺人だ。だが男たちは、女性が許可なく何かをしたとか、社会的に女性に許された範囲から逸脱したという理由で殺人を正当化する」と今回の事件を含めパキスタン国内で横行している「名誉の殺人」についてこう批判したシャルミーン・オベイドチノイ氏、オベイドチノイ氏は「名誉の殺人」の実態を暴いたドキュメンタリー映画を製作して今年のアカデミー賞で短編ドキュメンタリー映画部門を受賞したが、映画を通じて「名誉の殺人」の野蛮さと残虐さを訴えたかったんでしょう。

ハッキリ言って、パキスタンもインド同様女性の権利と言うか人権が軽視され過ぎてるとしか言い様がないが、これのどこが「名誉」だよ!? やってることは今の時代にそぐわない野蛮極まりない価値観もいいところだ!!

パキスタンはまた内外に恥を大きく晒したな。マララ・ユスフザイさんも相当嘆いてるだろうね。

theme : 人権
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード