エースなしでも絶対の自信!?

次の試合はここまでクラブを躍進させたエース無しで挑むことを余儀なくされ、不安が大きいですが、それでもクラブのメンタルは揺らいでないみたいです。

引用

初のバーディー不在も恐れないレスターDF 「僕らに失うものはない

エースを欠くのは初めてのことだ。不安を感じてもおかしくない。だが、レスター・シティDFクリスティアン・フクスは、FWジェイミー・バーディーの不在を乗り越えられると信じている。

プレミアリーグ残り4試合で2位トッテナムに勝ち点5差をつけている首位レスターは、前節で退場になったバーディーが複数試合の出場停止になるピンチを迎えている。いずれにしても、24日の次節スウォンジー・シティ戦には出場できない。

バーディーはこれまでの34試合で常に先発出場してきた。そのエースが初めて不在となる影響は避けられないかもしれない。だが、フクスはイギリス『BBC』で次のように述べた。

「僕らにとっては新たな状況だ。ジェイミーはこれまで1試合も欠場していなかったからね。でも、僕は僕らがうまくやれると思っている」

「僕らにはその自信があるんだ。僕らにはクオリティーがあるんだよ。レオナルド・ウジョアは出場すれば常にうまくやってきたし、チームの重要な一員だ。僕らは必ず競えると思う」

前節で勝ち点差を7から5に縮められたレスターだが、フクスは重圧を感じていないという。

「トッテナムはストーク・シティ戦で本当に良い試合をしたね。でも、僕らにプレッシャーはかかっていない。僕らは本当に重圧を感じていないんだ」

「残り4試合で僕らが勝ち点5差の首位に立つなんて、誰も想像していなかったでしょ。だったら、どんな重圧があるというのさ? 僕らに失うものは何もないんだ。僕らにとってはすごく楽しいことなんだよ。素晴らしい位置につけている。自分たちのパフォーマンスに集中しなければいけない」

それは、クラウディオ・ラニエリ監督の教えでもある。フクスは指揮官に改めて賛辞を寄せた。

「彼は僕らが自分たちのことや次の試合に集中できるようにしてくれる。いつも僕らに言っているんだ。『みんな、我々にできるのは自分たちのパフォーマンスや自分たちの試合に関することだけだぞ』ってね。彼はとても正しいんだ」

「トッテナムは残り試合すべてに勝つことができる。でも、それは僕らだって同じなんだ。僕らはそのことだけに集中している」

最終更新:4月21日(木)13時57分 「Goal.com」より
クラブ史上初のプレミア制覇を目指して驀進中のレスター・シティ、ただ!! 前の試合でここまでクラブの躍進に大きく貢献したエースジェイミー・バーディーが複数試合出場停止と言うペナルティを食らった為クラブに暗雲が立ち込めてますが、それでもここまで躍進してきただけに選手たちは自信に満ち溢れているみたいです。

「僕らにとっては新たな状況だ。ジェイミーはこれまで1試合も欠場していなかったからね。でも、僕は僕らがうまくやれると思っている」とディフェンスの要クリスティアン・フクスはこう言ってますが、今までバーディーに引っ張られてきたけどバーディーがいない状況では自分たちが一丸となってやるしかないと次の試合への意気込みを語ったみたいです。
エースがいない状況だからこそクラブの真価が問われる戦いなのだと思うし、2位トッテナム・ホットスパーにつけている勝ち点差は5、場合によっては逆転されることもあるけど、フクスは「僕らにプレッシャーはかかっていない。僕らは本当に重圧を感じていないんだ」とあまりプレッシャーを感じてないみたいです。

自分たちのサッカーをすること、目の前の試合に集中する、クラウディオ・ラニエリ監督の教えを忠実に順守しているレスターイレブン、バーディーなしでどう戦うのか、見ものです。むしろ岡崎慎司はこれらの試合で結果を残せば、むしろこの前のオーバーヘッドで決めたゴール以上に高く評価されると思います。

次の試合はおそらくレスター・シティの真価が改めて問われるものとなりそうです。

theme : 欧州サッカー全般
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード