スザンヌらが支援を呼びかけ

地元が大変な状況にあるだけに、少なからず助けになりたいと訴えたくなるのは当然です。

引用

熊本地震 スザンヌ「家に入れないけど元気です」 井上晴美も家族でテント生活

 熊本地震で避難所生活を送っているタレントや出身歌手らがブログなどで広く救援物資の提供などを呼びかけ、それに応えようとする関係者らの間で支援の輪が広がっている。

 熊本市在住のタレント、スザンヌ(20)は17日付のブログに「わたしの家も実家も中に入れないくらいになってしまいましたが、家族もわたしも無事で元気でいます」「避難所によってはみんなに食料やお水が行き渡らないとこもあります」と報告。避難所ごとに必要な救援物資の一覧を載せて支援を呼びかけた。これに応じたお笑いタレント、ロンドンブーツ1号2号の田村淳(42)がツイートで「現地の人の声です 不足しているものが避難所ごとに分けて書かれています」とツイートでの拡散を呼びかけた。

 熊本県在住のタレント、井上晴美(41)は自宅が全壊。メキシコ人の夫と3児(8~4歳)とともにテント生活を送っている。18日付のブログには「これからどうしていいのかまったくわからず ただ呆然と時間だけが過ぎて 子どもたちは明日は学校行く?とか聞いてくると なんかそれだけで涙が出てきてしまったり 緩みっぱなしです」と心境を報告。

 支援物資について「福岡の友人が受け取れるように住所、準備はできました」としつつも、「福岡から熊本までトラックで? どうやって運ぼう…」と悲嘆に暮れた。井上の義妹でモデルの真山景子(37)は18日、家具が散乱している井上の実家の写真や地割れした道路などの写真を公開。「パパもパパのお姉さん達も生まれて一緒に育った思い出の実家も全壊」とつづった。

 熊本市出身でお笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の上田晋也(45)は、義弟が避難所生活を送り、友人が経営している工場が全壊した。上田からのメールを受けた東日本大震災で被災経験のある「サンドウィッチマン」の伊達みきお(41)と富沢たけし(41)は、上田の知人で東日本大震災の被災地でボランティア活動をしていた男性からの要請として「緊急に支援物資が必要な地域の情報」を17日付ブログに掲載。「道路状況など確実性を考えると直接避難所ではなく北九州の物資受付窓口がいいのかなと思います」と自身の経験を踏まえたアドバイスも添えている。

 また、熊本市出身の歌手、森高千里(47)は17日にTOKYO FM「MUSIC ON THE EDGE」内で心境を告白。地震を怖がる県内の友人について「『落ち着いて安心できる場所を確保して避難して』と伝えた。どうしていいのかわからないのが正直あった」と心境を語った。

 最終更新:4月18日(月)14時37分 「産経新聞」より
熊本地震の余波は芸能界にも及んでおり、同県在住のタレント・スザンヌ「わたしの家も実家も中に入れないくらいになってしまいましたが、家族もわたしも無事で元気でいます」と近況報告をした上に支援を呼びかければ、同じく同県在住のタレント・井上晴美は自宅が損壊し家族共々テント暮らしを余儀なくされており「これからどうしていいのかまったくわからず ただ呆然と時間だけが過ぎて 子どもたちは明日は学校行く?とか聞いてくると なんかそれだけで涙が出てきてしまったり 緩みっぱなしです」と心境をブログにて綴ったけど、地元の一大事に出来ることは支援の呼びかけしかないと思ったんでしょう。
また支援物資をどこで受け取るかアイデアを訴えてたけど、支援物資がなかなか届かないことへの不安からでしょうね。交通インフラがほとんど破滅状態にあるだけに、にっちもさっちも行かない状態だが・・・。

またくりぃむしちゅー・上田晋也は義弟が避難生活を余儀なくされていることを告白しただけでなく、東日本大震災の際に被災したサンドウィッチマンにメールを送り、支援情報の呼びかけをするなど行動に出てますが、サンドウィッチマンは東日本大震災支援でも積極的な行動をしたことからその実績を買われたんでしょう。

東日本大震災の際は東北出身の芸能人が一丸となって支援を呼びかけたが、熊本地震では熊本出身の有名人が一丸となって支援を呼びかけるべきです。隣県・大分県にも同じことは言えますけど。

theme : できることから
genre : 福祉・ボランティア

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード