どうなる? どうする? キャメロン首相

タックスヘイブンに関与したことで世論の大ブーイングを浴びてますが、一気に窮地です。
インドを訪問しているウィリアム王子及びキャサリン妃の話題とは雲泥の差ですが。

引用

キャメロン英首相、議会演説…投資の正当性主張

【ロンドン=角谷志保美】タックスヘイブン(租税回避地)の投資信託への投資で利益を得たことで批判されている英国のキャメロン首相は11日、英議会で演説し、自らの投資について正当性を主張した。

 英国領の租税回避地でペーパーカンパニーから実際に利益を得ている所有者を開示させることなどが柱の規制強化策を発表し、信頼回復に努める姿勢を強調した。

 キャメロン氏は、亡父がパナマに設立した投資信託に自らが投資した持ち分を首相就任前の2010年1月に売却し、約300万円の利益を得ていた。演説では、首相の職務と自らの利益が結びつく「利益相反」を避けるためだったと強調。11年に20万ポンド(約3000万円)に上った母親からの生前贈与についても「完全に税務規則に沿った行為」と述べた。

2016年04月12日 13時21分 読売新聞
タックスヘイブンを利用した投資信託への投資で利益を得たことが国内外で批判を浴びているイギリスデイビッド・キャメロン首相、イギリス議会で自身の投資の正当性を訴えましたが、かえって批判の火に油を注ぎかねないです。

キャメロン首相の実父がパナマで立ち上げた投資信託に自分が投資した持ち分を売却して300万円もの利益を得たことについて、利益違反をかわす為だったと言ってますが「へぇ~っ、だから!?」って言われそうだし、また3000万円に上った実母からの生前贈与もルールに則ってのものと言ってるけど、疑わしい目で見られそうです。
相続税から逃れる為にタックスヘイブンを利用しての節税を図ったとイギリスのメディアから指摘されてるし、キャメロン首相は金に汚い守銭奴だと言うイメージを助長しそうです。
鳩山由紀夫とどっこいどっこいじゃねェのか、コレ・・・!!

政治家、それも首相がタックスヘイブンに手を染めて世論のブーイングを浴びる、アイスランドのシグムンドゥル・グンロイグソン前首相は辞任へと追い込まれたけど、キャメロン首相もまた突然の辞任に追い込まれるのだろうか・・・!?
大体イギリスは自分たちの領土がタックスヘイブンを平然と認めてんだから(ケイマン諸島・ヴァージン諸島・モントセラトなど)、抜け穴だらけ社会もいいところなんじゃないのか、富裕層にしてみれば課税したくないからタックスヘイブンに手を染めてウハウハ、利己的で卑しいにも程があります。そのしわ寄せを食らうのが中間層や貧困層なのを考えたらば、階級社会の問題点もえらく露呈してるよね。

EU残留をかけた国民投票を控えるイギリス、EU残留問題どころじゃないです。
キャメロン首相、今置かれている立場は一般的なイギリス料理のイメージじゃないけど、ホントマズいよ。

theme : 情報の後ろにある真実
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード