改めて「核なき世界」の実現はなるのか

初めて核保有国の外相が被爆地・広島を訪れました。

引用

米英仏、初の原爆慰霊碑献花 米国務長官「大統領も訪問を」

 G7外相会合に参加した各国外相は11日、広島市の平和記念公園を訪問し、慰霊碑に献花した。広島に原爆を投下した米国のケリー国務長官はじめ、核拡散防止条約(NPT)が定める核兵器国の米英仏の現職外相が平和記念公園を訪れるのは初めて。米政府が検討する5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に合わせたオバマ大統領の広島訪問への期待も高まっている。

 新緑に春の日差しが注ぐ中、各国外相は原爆資料館を訪れ、被爆者の衣服や抜け落ちた毛髪などの展示を見学した。資料館から出てきた外相らは神妙な面持ちだったが、各国旗の手旗を振る地元の小学生800人らの歓迎を受けると笑顔で手を振り返した。

 その後、原爆慰霊碑に移動した外相たち。核兵器国と非核兵器国が一列に並び黙祷(もくとう)をささげた。記念撮影を終えて次の協議会場へと移動する予定だったが、ケリー氏の提案で急遽(きゅうきょ)、原爆ドームも見学した。

 岸田氏は訪問前の日米会談で「歴史的な日だ」と強調。ケリー氏は「平和記念公園の訪問は、世界の安全のための強い日米同盟の存在、世界平和の重要性を示すものになる」と訴えた。

 米国には政権幹部の広島訪問が原爆投下の謝罪につながるとの懸念がある。ケリー氏訪問にも米政府は当初、慎重な姿勢を示していた。

 しかし、米紙ワシントン・ポストは10日、オバマ大統領が伊勢志摩サミット後に数時間、広島に滞在する可能性を探っていると報じた。

 ケリー氏も11日の記者会見で「誰もが広島を訪れるべきだ。だから、米国の大統領もここを訪れてほしい」「訪問がいかに大切か(大統領に)必ず伝える」と述べた。

 一方で、同紙はオバマ氏が2009年の初訪日の際、天皇、皇后両陛下に深々とお辞儀したことが、共和党から「謝罪の旅」と批判されたことを指摘。米国内には、原爆投下は「終戦を早めた」として正当化する意見が根強い。オバマ氏側は、ケリー氏訪問への世論動向も踏まえて最終的に判断する見通しだ。

 最終更新:4月12日(火)7時55分 「産経新聞」より
G7外相会合に出席した外相らが広島の平和記念公園を訪れて献花したが、NPT(核拡散防止条約)で定められたアメリカ・イギリス・フランスの外相が初めて平和記念公園を訪れたことで歴史的な瞬間が訪れた感もするが、犠牲者に献花しただけでなく原爆資料館も訪問し、その中でアメリカのジョン・ケリー国務長官「平和記念公園の訪問は、世界の安全のための強い日米同盟の存在、世界平和の重要性を示すものになる」「核なき世界」を掲げるバラク・オバマ大統領の願いを持って訴えたようです。

「歴史的な日だ」と岸田文雄外相もコメントしてますが、広島平和記念公園にアメリカ政府閣僚を呼ぶのは長年の悲願だったのでは? それが半ば叶ったことへの喜びではないでしょうか。

ただアメリカ国内では原爆投下を戦争終結を早めたと言う認識が強く、オバマ大統領の広島訪問についてもケリー長官が訪問したことに対する世論の見解次第でどうなるかも分からないが、未だアメリカが正義は我にありだとか勝てば官軍的な姿勢を有難がる傾向の現れと取れるよね。大体アメリカって謝罪しない国民性丸出しだからねェ・・・。
またかつて「核なき世界」を掲げながら、その後核実験をしたことから疑心暗鬼的な目で見られそうです。

核廃絶もだが、それ以上に中国やロシアの動向やISISの暗躍だってあり、他にも難しい課題がつきまとう以上どうなるのやら。今回平和記念公園及び原爆資料館を訪問したことはまた、核開発を強行している北朝鮮や核疑惑を持たれているイランへの警鐘になるんでしょうか。

theme : 国際問題
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード