TPPの中身を知りたい? だったら説明したら!?

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉についての文書が波紋を呼んでいるみたいです。

引用

菅官房長官「国民の関心はTPPの中身」 民進党退席を牽制

 菅義偉官房長官は8日午前の記者会見で、衆院の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)特別委員会で民進党が政府の情報開示姿勢を批判し、途中退席したことに対し「国民の皆さんにとって関心があるのはTPPの中身だ。国会で堂々と出てきて審議を行い、TPPの状況を明らかにするのが与野党問わず役割ではないのか」と述べ、民進党の動きを牽制(けんせい)した。西川公也委員長が出版予定の著書に関しては「まだ本として出る前で、内容もわからない。私個人的にはそのことでどうして審議に影響が出るのかなと思う」と話した。

 一方、TPP交渉過程の開示要求について、菅氏は「どんな外交交渉でも相手国との信頼関係があるのだから、他の国との交渉過程を出せというのは無理ではないか」と反論した。

 最終更新:4月8日(金)12時10分 「産経新聞」より
衆議院TPP特別委員会で、民進党が政府与党によるTPP交渉の際に用いた文書を黒塗りにしていた問題を批判したうえで途中退席すると言うハプニングが起こったが、それについて菅義偉官房長官は「国民の皆さんにとって関心があるのはTPPの中身だ。国会で堂々と出てきて審議を行い、TPPの状況を明らかにするのが与野党問わず役割ではないのか」と定例の記者会見でこうコメントしたけども、審議の際にそれを不服として退席するのは政治家として大人げないって言いたいんでしょうか。
TPPを話し合うなら、TPPについて国民の理解を得られるよう説明責任をするのが常識で、その義務を放棄するようなものだとも言ってるかも知れないです。

結果として審議は中断して有耶無耶になった感もするが、結果として国民から見れば野党のしたことは構ってちゃん的パフォーマンスで、与党にすれば充分な説明もなく一方的にことを進めようとする横暴と映るだけだよ。

菅官房長官は国民が知りたいのはTPPの中身と言ったけど、だったら国民に説明しろと言いたくなるし、未だTPPについて全然分かってない国民もいるんだから、国民が納得するような姿勢を示すことが大事だと思う。相変わらず子供っぽい姿勢でしか訴えることが出来ない野党、これだから支持されないし期待もされないでそこら辺を分かってんのか? 民進党。

「どんな外交交渉でも相手国との信頼関係があるのだから、他の国との交渉過程を出せというのは無理ではないか」って、これは特定機密保護法に該当するんですか? 密室政治的なもので全然オープンじゃない。これでは国民に充分な説明など出来ないし、国民一般がTPPについてどう思うかも分からないから、国民を欺く行為でもあります。

theme : TPP問題
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード