テロの余波がA代表にも

ブリュッセルの同時テロは、スポーツにまで暗い影を落としました・・・。

引用

ベルギー、連続テロの余波でブリュッセルでの親善試合を断念

【3月24日 AFP】サッカーベルギー代表が、同国で発生した連続テロ事件を受けて、ポルトガル代表との親善試合の会場をブリュッセル(Brussels)から移動することになった。

 現在国際サッカー連盟(FIFA)の世界ランクで首位に立つベルギーは、29日に首都ブリュッセルでポルトガルとの試合を控えていた。

 しかし、ブリュッセル国際空港(Brussels Airport)と同市内の地下鉄の駅で発生し、31人が死亡した連続テロを受けて、ベルギーサッカー協会(KBVB、URBSFA)は23日、「安全上の理由」により試合の取りやめを発表した。その後、ポルトガルサッカー連盟(FPF)が、この一戦を同国のレイリア(Leiria)で代替開催することで両国が合意したと明かした。

 ベルギー代表のマルク・ヴィルモッツ(Marc Wilmots)監督は、「ブリュッセルで、ホームで戦いたかった。私は恐怖に逆らうからだ。やつら(テロリスト)に、不快な出来事が国を揺さぶろうとも、大多数の人々の暮らしが続いていることを示すために、ここで試合をしたかった」と語った。

 「国際ニュース 『AFPニュース』」より
今月29日にブリュッセルで予定されていたベルギー対ポルトガルの親善試合について、連続爆破テロの余波を受けて一旦は「安全上の理由」で中止となったが、その後ポルトガル・サッカー連盟が会場をポルトガルのレイリアで開催することを提案、それをベルギーサッカー協会が快諾したって言うけど、テロの余波がスポーツにまで飛び火したってことは気の毒でしかなりません。
中止でなく試合場所の変更、これはこれで気の毒です。

「ブリュッセルで、ホームで戦いたかった。私は恐怖に逆らうからだ。やつら(テロリスト)に、不快な出来事が国を揺さぶろうとも、大多数の人々の暮らしが続いていることを示すために、ここで試合をしたかった」と無念さを語ったベルギーのマルク・ヴィルモッツ監督、テロには屈しないとの姿勢を示すために自国で試合したかったって思うけど、中止にならないだけいいことではないでしょうか。それではテロに屈することになります。
テロ事件で打ちひしがれたベルギー国民の為にも試合はすべきです!!

エデン・アザール、ムサ・デンベレ、マルアン・フェライニ、ヴァンサン・コンパニーなども同じ気持ちだが、ポルトガルとの試合を無事にすること以外ありません。

theme : 欧州サッカー全般
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード