やっぱりインドだ。と言われて当然ですよね

カースト制度もそうだが、女性の権利を軽視するような慣習が未だに残っていることはあまりにもヒドいを通り越してます!!

引用

兄弟が女性焼殺、インドでまた「名誉殺人」 身分違いの結婚理由に

【3月7日 AFP】インド西部ラジャスタン(Rajasthan)州の村で、家族の意向に反して異なるカーストの男性と結婚した女性が、兄弟に焼き殺される事件があった。地元警察が6日、明らかにした。インドでは、家族の名誉を汚したとの理由で身内を殺害する、こうした「名誉殺人」がしばしば起きている。 

 被害者のラーマ・クンワル(Rama Kunwar)さん(30)は8年前にカーストの異なる男性と駆け落ちして村を離れていたが、もう家族が結婚を許してくれることを期待して4日に帰省した。

 しかし、まだ怒りが収まっていなかった兄弟らは夫の親族宅にいたクンワルさんを家の外へ引きずり出し、村人らの前で火をつけた。

 地元ドゥンガルプール(Dungarpur)県の当局者はAFPの取材に「彼女は今なら両親が許してくれると思っていたが、兄弟たちは彼女が村に戻ったと知るなり、すぐに(クンワルさんのいた)家に駆け付け、彼女を引きずり出した」と語った。

 クンワルさんは助けを求めて叫んでいたが、誰も助けようとしなかったという。さらに焼殺の証拠を隠滅するため、クンワルさんの葬儀はその日のうちに行われた。

 だが、クンワルさんの義母の通報を受けた警察が現場に急行し、証拠を採取するために火葬現場に水をかけて火を消した。

 事件では、これまでにクンワルさんの兄弟のうちの1人と男6人が逮捕されたが、警察はさらなる容疑者の行方を追っているという。

 インドでは数百年前から、家族や地域社会が認めない関係にある男女を名誉を汚したとの理由で殺害する「名誉殺人」の風習があり、現在も地方部を中心に残っている。インドの最高裁判所は2011年、「名誉殺人」に関与した者には死刑を科すとの判断を示している。

「国際ニュース 『AFPニュース』」より
家族の名誉を傷つけたとして平然と殺人に至らしめる「名誉の殺人」、現在ではアラブ諸国などで残っているこの慣習がインドにおいてもあるってことはカースト制度同様インドにおける人権問題だが、西部・ラジャスタン州のとある村で違うカーストの男性と結婚した女性が帰省したところ、実の兄弟によって火炙りにされて殺されると言う残虐極まりないと言うか野蛮極まりない事件に発展したけど、この女性は周囲に助けを求めようとしても無視されて惨たらしく殺されたって言うと、実に開いた口がふさがらないと言うか豚が口笛を吹くようなものです。

この兄弟は逮捕されたが、いくら家族の名誉ってこんなことしてまで名誉を守りたいのか!? いつの時代の価値観だよ!!

インドでは数百年前から家族や地域社会が認めない関係にある男女を名誉を汚したと言う理由で殺す名誉の殺人なる慣習があり、現在でも地方で残ってますが、大昔の風習をいつまで有り難がるんだか!! って言いたくなるし、だからインドは人権後進国って言うか社会が遅れた国って言われるんじゃねェのか!! インド人には人権意識と言うのが全然ないのかと言いたくなる。

女性や下層カーストに対する差別や偏見は根強い上に、今の時代に100パーセント合わない慣習が残っていることもまたインドの悪いイメージを助長してるように見えますが、家族の名誉を傷つけたと言う理由でこのような野蛮で残虐な行為に出ていいわけがない!!
この問題、欧米のフェミニスト団体や国連人権委員会はなぜ名指しで非難しないんだろうかねェ・・・。思いっきり人権侵害に当たるし女性蔑視にだって当たるのに。

カースト制度や名誉の殺人などを有難がる古い考えのインド人を見る度私はこうも言いたくなる。
「虎に食われるか、コブラに噛まれるか、どっちだ!?」「カレーにして食ってやろうか!?」と。未だ大昔の価値観が残るインドの田舎って苛政は虎よりも猛し。

theme : 人権
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード