サバ缶にサンマを混ぜていいわけない!!

原料が不足してるからってそう言うことをするのは、食の安全を揺るがすものでしかありません。

引用

<サバ缶>「申し訳ない、サンマ混ぜました」銚子の加工会社

 千葉県銚子市の水産加工会社「信田(しだ)缶詰」(北島芳紀社長)が、2014年に製造した輸出用のサバの缶詰約300万缶にサンマを混ぜて出荷していたことが分かった。原料にサンマと表示せず、同社は「サバが不足した時、代わりにサンマを使ってしまった。申し訳ない」としている。

 同社によると、サンマを混ぜたのは、「MADKHANAH(マドカナー)」の名称でイエメンなどの中東向けに輸出しているサバの油漬け缶詰(1缶95グラム)。国内に流通していない。魚肉をフレーク状にしたもので、見た目や味でサンマとサバを区別することは難しいという。

 同社は1905年創業で、原油高騰などに伴う経営難から2009年に民事再生法適用を申請。再生手続き終了後の昨年8月、長野市の食品卸売会社「マルイチ産商」が同社を子会社化する際、サンマを混入しているとの内部通報があり発覚した。14年に製造した約1600万缶のうち約300万缶に混ぜていたといい、中身の半分以上がサンマの缶詰もあったという。15年製造分に混入はなかったとしている。13年以前については、調査しておらず、分からないと説明している。

 信田缶詰は約30年前から中東向けに輸出しており、過去には許可を得てサンマを原料として表示もサンマに変更していたため、「混ぜても差し支えないという安易な気持ちがあった」と釈明。商社を通じて出荷先の企業に謝罪し、クレーム金を支払うことで和解したという。前社長の降格などの社内処分も行った。北島社長は「再発防止のため、十分な量の冷凍サバ原料を確保することを経営の基本方針にした。コンプライアンス順守に万全を期したい」とのコメントを出した。

 毎日新聞 2016年3月3日 11時31分
千葉県銚子市の水産加工会社・信田缶詰中東に輸出した自社製のサバ缶に何と!! サンマを混ぜていたことが発覚したって言うけど、サバと偽ってサンマを使ったり混ぜたりしてたってのは明らかに詐欺でしかありません。

信田缶詰側は「サバが不足した時、代わりにサンマを使ってしまった。申し訳ない」と陳謝したけど、だったら「サンマ缶」って表記しろって言いたくなります。
問題の缶詰は魚肉をフレークして油漬けしたものだが、見た目や味でサバとサンマの区別が難しい為か「混ぜても差し支えないという安易な気持ちがあった」って言ってるけど、サバと名称されてるのにサンマを使うのはどうかしてますし、消費者をバカにするようなもので許されるもんじゃない。言うなれば「牛肉100パーセント」と謳っておいて別の肉を混入するのと同じだよ。

結局は利益優先体質がまかり通っているせいで、このような不正が横行する要因だと思うし、まして海外に輸出するものであれば日本製品の信頼に関わる大ごとです!! 信田缶詰はコンプライアンス及びリーガル・マインドを改めて学ぶべきです!!
原材料不足だからって別のものを使ってそれで売るなんて何を考えてるのか!? です。

theme : 食に関するニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

おはようございます!

管理人さん! 本記事、拝読させていただきました。これは、バレなけば・・が深意にありますね。日本企業全体に良くないイメージ(不信)を招くのでは!?、と感じました。

Re: おはようございます!

Gくん様

コメントありがとうございます。

バレなきゃいいなんて魂胆はその場凌ぎの対応でしかないが、消費者を欺く悪質な行為に映ります。まして海外に輸出する物なら、日本企業のイメージに関わる大ごとです。不正してまで得る利益には何の価値もないってことを理解してるのだろうか。利益優先体質が行き過ぎた弊害でもあります。
プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード