東電の元会長らを訴える

終わらない福島第一原発事故、その責任は誰にあるのかと言えば言うまでもなく当時の東京電力の上層部です。

引用

福島第一原発事故、東電の元会長ら3人強制起訴

 東京電力福島第一原発事故で、検察官役の指定弁護士は29日、東京第5検察審査会の起訴議決に基づき、東電の勝俣恒久・元会長(75)ら当時の役員3人を業務上過失致死傷罪で東京地裁に強制起訴した。

 原発事故の刑事責任が公開の法廷で争われるのは初めて。

 他に起訴されたのは、原発担当の役員だった武藤栄(65)、武黒一郎(69)両元副社長。3人は無罪を主張するとみられる。2009年の制度導入後、強制起訴は9例目となった。

 起訴状などによると、3人は10メートル超の津波が襲来して事故が起きるのを予見できたのに、その対策を怠り、11年3月11日の東日本大震災に伴う津波による全電源喪失で原発の炉心損傷を発生させた。その結果、原発近くの病院から避難を余儀なくされて症状が悪化した入院患者ら44人を死亡させ、爆発した原発のがれき片などで自衛官ら13人を負傷させたとしている。

2016年02月29日 13時22分 読売新聞
やっぱりと言うか、東京電力の元会長ら3人を強制起訴する方針の検察、大津波が来るのを知りながらその対策を取らず原発事故を起こし、さらに原発周辺の病院に入院している患者を死なせたり、がれき処理に従事していた自衛隊員などを負傷させたと言う業務上過失致死傷罪に問われて東京地検に訴えられたが、当時の東電の上層部のまずい対応のせいで原発事故を深刻化させたってことですね。

東日本大震災による津波がもたらした福島第一原発事故、あれから5年を迎える今、当時の東電上層部の刑事責任を問うものとなるかも知れないが、3人共無罪を主張すると見られ、検察と対立しそうです。

メルトダウン状態なのにそれを「臭いものには蓋」よろしくひた隠し、情報公開すらしなかったことは怠慢を通り越して悪質極まりないことだし、公表したのもメルトダウン後しばらくしてだから、ふざけんな!! 国民にえらい不信感と言うか不安を与える大それたことだ!! って思うし、自らの保身を優先し事故処理を怠って責任のなすりつけ合いと来たもんだから、全くもって許せない。
これまで東京地検は2回に渡って不起訴処分としたが、これでは世論から「責任を有耶無耶にするのか!?」って大ブーイングを浴びたことで強制起訴に踏み切った感がするけど、いかに福島第一原発事故が国内外に大きな衝撃を与えたってことです。

会長ら3人を強制起訴だが、だったら当時の社長は起訴しないのかって思います。
原発の安全神話をもろくも破壊した福島第一原発事故、それを管轄する東京電力の怠慢は決して許されるもんじゃないから厳しい判決を下すことを期待したいです。

theme : 原発事故
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード