7500万円の賠償、低いと思う

一人の生徒を自殺へと追いやったあの事件、遺族は学校を運営する自治体を相手取って訴訟を起こしましたが・・・。

引用

大阪市に7500万円賠償命令 桜宮高校バスケ部の体罰自殺事件 東京地裁

 大阪市立桜宮高校バスケットボール部の体罰事件で、自殺した男子生徒=当時(17)=の両親が、同高を運営する大阪市を相手取り、「体罰を改善する管理責任を怠り、自殺を招いた」として約1億7400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が24日、東京地裁であった。岩井伸晃裁判長は「体罰と自殺には因果関係があった」として、大阪市に約7500万円の賠償を命じた。

 この裁判では、男子生徒の自殺後に両親が関東地方に転居したため、東京地裁で審理が行われた。

 両親側は「自殺の1年以上前から同高では複数の体罰などが発覚していたにも関わらず、校長や教頭らは放置していた。その時点で改善策を講じていれば今回の体罰は起きず、自殺は防げた」と主張。大阪市側は「自殺の予測は不可能だった」と反論していた。

 岩井裁判長は「大阪市側は、『教員の指導をきっかけとする生徒の自殺は多くない』と主張するが、教員の行きすぎた指導の危険性を過小評価することは不当だ」と大阪市を批判した。

 判決などによると、男子生徒は平成24年9月にバスケ部主将となったが、顧問の男性元教諭(50)=懲戒免職、傷害罪などで有罪確定=から暴言を吐かれたり体罰を受けたりし、同年12月、「一生懸命やったのに、なぜ僕だけあんなにシバきまわされなければならないのか。理不尽だと思う。もう学校に行きたくない」とする顧問への手紙を残し、自宅で自殺した。

 最終更新:2月24日(水)13時41分 「産経新聞」より
3年前に大阪市の桜宮高校バスケットボール部で当時バスケ部に所属した男子生徒が顧問の男性教諭から執拗に体罰を受けて自殺したニュースは、教育現場における体罰問題の深刻さを発信するものとなったが、加害者である元教諭は既に傷害罪などで有罪判決を受けており半ば終わったものとなってたけど、男子生徒の両親は桜宮高校を運営する大阪市を相手取って、1億7400万円の損害賠償を求める訴訟を起こし、24日に東京地裁で開かれた裁判で大阪市に対し7500万円の損害賠償を求める判決を下したみたいです。

7500万の損害賠償、これだけ世間に衝撃を与え、クラブ活動のイメージ悪化を招いた事件なのになぜこの額なのか? 大阪市のみならず桜宮高校、教育委員会にも損害賠償を負わせるべきだと思うね。

クラブ活動と言う密室空間で起こった悲劇、行き過ぎた指導のせいで一人の少年が死んでしまったことは痛ましいが、クラブ活動のあり方が問われる事態なだけに、裁判所が厳しく指摘したのは当然だけど、指導する側の常軌を逸脱した指導と呼べるレベルじゃない行為が体罰に発展するんじゃないかと思います。

学校の責任も当然大きい、問題が起こっているのに無関心を装って問題を深刻化させた罪は重く、結果学校のイメージ悪化を招いたが無関心は最大の最悪。ってことを理解するんだな!! 加害者である元教諭のみならず当時の校長なども同じ理由で罰せられて当然って後から考えたらそう思うよ。

両親は1億7400万の損害賠償を求めたのに、下った判決は7500万、両親が納得するかは微妙だしむしろ1億円ぐらいが妥当なんじゃなかろうか。これを機に教育現場における体罰体質の根絶が進めばいいんだけど・・・。
体罰やパワハラを教育現場はもとより、社会全般から放逐しなければよりよい社会は作れません。体罰やパワハラなどを起こした指導者は良くてライセンス剥奪、最悪永久追放にでもしなければいけません(昨年熊本県で小学生のバレーボールチームの指導者が女子児童に体罰を繰り返し、事態を知った連盟から永久追放処分を食らった)

theme : 刑事事件・裁判関連ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード