ベッキー叩きはやり過ぎ感強し?

人気バンド「ゲスの極み乙女」のボーカル・川谷絵音との不倫スキャンダルを起こしたタレントのベッキー、週刊文春が報じた記事の内容が赤裸々に発信され、CM契約の打ち切りや出演している番組も出演見合わせなど騒動の波紋は拡大の一方だが、無料アプリ・LINEのやり取りから一気にそうなった感もあるけど、ここまで来ればマスコミは一方的にベッキーが悪いって言ってるようなもんなんだよね・・・。

この件についてイギリスのメディアが「性差別」と批判し、日本の芸能界において男尊女卑体質が未だに蔓延っていることを指摘したけど、不倫スキャンダルについて女性だけ叩くのはあからさまな性差別であり人権侵害以外の何物でもないって言ってるんでしょう。確かに男女平等が進んでいる欧米のこと、不倫スキャンダルにおいて女性だけ叩くのはあり得ないって考えに取れます。

ベッキーだけ一方的に叩いて相手である川谷はあまり叩かれず、スキャンダルの波紋と言えば今春新作映画が公開されるアニメ「クレヨンしんちゃん」の主題歌を降ろされただけであって、謹慎と言った制裁が下されてないのはどうも問題です。
今回のスキャンダルは確かにベッキーも悪いが、既婚者でありながら不倫に及んだ川谷だって悪いんじゃないのかと言いたくなるし、また騒動を面白おかしく報じるテレビやマスコミも問題なんじゃないかと思うんだよ。

清楚で優等生的なイメージの強いベッキーゆえに、一部から嫌われてるイメージもあるけどもそれを利用して過剰に騒いでるとしか言えないし、川谷に関しても過去に川谷に関わった人物がえらい目にあっていると言うことを見てか余計騒動の火に油を注いでいるとしか言えない「ゲスノート」なんて俗語が出たくらいだから。
ミッチー・サッチー騒動や酒井法子薬物事件など、マスコミが過剰に騒いでこれでもかと言うくらいテレビで報じたもんだから、明らかにやり過ぎ感だってあるし、片方を一方的に悪者に仕立てあげるようなやり方は善悪二元論に基づくもので単純思考でもある。今回のケースはベッキーだけが悪者にされてる感じもしてならない。ベッキーを擁護する意味合いはないが、不倫スキャンダルは確かにイメージ悪化を招く以外の何物でもないが、川谷も同じ理由で叩かれねばならないです。まして既婚者である以上はなお更だ。既婚者にも関わらず夫人より知り合いの女性を取ってあまつさえ実家に帰省するなんて神経を疑うし、この場合は既婚者側を叩くのが当然なんじゃないのかと言いたくなります。

マスコミが変に騒ぎ立てるもんだから、世論を巻き込んで論争にまで発展させるのはいかがなものかと思うし、限度を知らないにも程があります。まして男女交際絡みの騒動の場合女性を一方的に叩くのは性差別でありメディア・リンチにも取れます、メディア・リテラシーもあったもんじゃないし日本のマスコミは倫理観と言うか人権意識が著しく欠けていると言うことをえらく露呈するようなもので、今回イギリスのメディアから性差別と指摘されたのは、日本の芸能界及びメディアがいかに人権意識が薄いってことを指摘されたと思うね。公平性も客観性も持たず自分は正義だと嘯いて相手を一方的に批判するような論調はいわゆる「反知性主義」でもあります。こうなったのも戦後教育とアメリカの価値観を受け入れ過ぎた弊害に映ると思うのは私だけだろうか。

theme : テレビ・マスコミ・報道の問題
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード