逆恨みで立腹、それが事件の動機だったのか!! 川崎。中1男子殺害事件主犯格少年裁判

主犯格の少年は、法廷で何を語るのか・・・。

引用

19歳少年、起訴内容認める=検察「逆恨みで立腹」―川崎中1殺害初公判・横浜地裁

 川崎市川崎区の多摩川河川敷で昨年2月、中学1年上村遼太さん=当時(13)=が殺害された事件で、殺人と傷害の罪に問われたリーダー格の無職少年(19)の裁判員裁判の初公判が2日、横浜地裁(近藤宏子裁判長)であり、少年は「間違いありません」と起訴内容を認めた。
 3日間連続で審理し、4日に結審の見通し。判決期日は未定。
 起訴状によると、少年は昨年1月17日午前2時すぎ、横浜市の駐車場で上村さんの顔面を数回殴打。2月20日午前2時ごろ、多摩川河川敷で上村さんの首をカッターナイフで多数回切り付けるなどし、出血性ショックで死亡させたとされる。
 検察側冒頭陳述によると、上村さんの暴力被害を聞いた別の少年グループが殺人事件の約1週間前、リーダー格の少年宅に押し掛け謝罪を要求。少年は、上村さんが知人に話したと逆恨みを抱いたとした。
 少年は、仲間の少年2人(いずれも18歳、傷害致死罪で起訴)とともに上村さんを呼び出し合流。上村さんが被害を口外したことを一時否定したため腹を立て、河川敷で馬乗りになりカッターで頬を切り付けた。上村さんをこのまま帰すと逮捕されたり報復を受けたりすると恐れ、殺害を決意したと主張した。
 弁護側は「当初痛めつけるだけのつもりだったが、引くことができなくなった」と述べ、別の少年がカッターを差し出すなど偶然が作用したと指摘。「暴力以外にトラブル解決の手段を知らなかった。社会的に未熟な少年らの間で事件が起きた」と述べ、寛大な量刑を求めた。

 最終更新:2月2日(火)12時1分 「時事ドットコム」より
「間違いありません」と法廷で起訴内容を認めた主犯格の少年、中1少年が暴力被害に遭っていることに別の少年グループがその主犯格の少年に謝罪を要求したところ逆恨みと見なして川崎市内の河川敷に少年を呼び出してカッターナイフで斬りつけたりする凄惨なリンチを加えた上に、報復を恐れて殺害したって検察冒頭陳述で明らかになったけど、告げ口されたことを逆恨みしての犯行ってことは、まるでヤクザ同然な野蛮極まりないものでしかない。

起訴状で改めて事件の過激さと言うか凄惨さが浮き彫りとなったけど、今頃になって罪の重さに気づいたとしか思えないな、法廷で起訴内容を認めたってことは。だったらあの事件を起こす前に鉄パイプで殴打して重症を負わせた男性に対する罪の意識はあるのか!!

これに対し弁護側「暴力以外にトラブル解決の手段を知らなかった。社会的に未熟な少年らの間で事件が起きた」と釈明したが、当時18歳だったから社会的に未熟、ってそんなもん弁解になりません。
未成年だから極刑に処さないでほしいって、そんな理屈は人権保護の意味を間違えてるだけで実に下らない。被害者の人権保護が大事、このような凶悪事件を起こすような鬼畜に人権などもったいないです。告げ口されたことを恨んでリンチした上に殺害、こいつはとんだ野蛮人もいいとこだ!!

未成年だろうが成人だろうが、社会に多大な衝撃をもたらした凶悪事件を犯した者には断固たる厳しい処分を下してほしいものだよ。主犯格の少年に対して「後のたわ言は地獄の鬼にでも言え!!」「貴様には地獄すら生ぬるい!!」って吐き捨てたくなる私です。

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード