ブラック企業及び過労死の「元凶」

規定を超える時間での労働による過労死、さらにブラック企業の問題が社会問題化しつつある日本、なぜこれほどまでに労働問題が起こっているのか? 単に企業は利益だけを追い求め、従業員の権利と言うか尊厳を軽視しているように見えるが、大企業ほどそれが躊躇に出ているのは昨年の東芝の粉飾決算などを見れば分かるだろう。

利益至上主義で従業員の権利が二の次、ハッキリ言ってこれでは日本は労働インフラが遅れていると指摘されておかしくないです。
従業員に対して過剰なノルマを課し、時にはハラスメントも辞さない姿勢、それは利益を上げればそれでいいなんて単純思考以外の何物でもないけど、目先の利益と自身の保身しか考えない企業の上層部の神経はあまりにもおかし過ぎる。

こう言う風潮が平然と蔓延る問題、どうも教育現場と重なっている部分があると思うんだよね・・・。
そう、知識偏重・偏差値重視体質が蔓延る教育現場とさほど変わらないような気がするんだよ。

学校や教師は生徒にただ勉強だけさせて、テストの点や偏差値で価値を決めつける体質がそうだけど、学校も教師も自分の保身と利益しか考えてないって感じで教育とは程遠いです。そんな体質が一般社会にまで及んで成績主義・利益中心主義と言う利己的な風潮が企業に持ち込まれている感がするけども、ブラック企業化は偏差値至上主義の延長にあると思うんだ。ブラック企業も過労死問題も。
勉強一辺倒で道徳や倫理を軽視する体質が一般社会に及び、利益と効率至上主義に及んで従業員の権利などを全然考えず、ただ働いてノルマを達成すればいいなんて理屈はただ勉強だけしてテストでいい点取ればいいなんてのと何ら変わらない。
目先の利益の為なら他人のことなどどうでもいいと言う理屈は、あまりにも利己的だ。

偏差値の価値しか教わってないから、こう言う風潮が蔓延ってブラック企業や過労死の問題につながるわけだが、日本社会が変に金儲けしか考えない体質がもたらした弊害にも映る。競争競争で他人を思いやると言う意識が薄れ利己的な人間ばかり増えたんだから、偏差値教育を推し進めて競争を教育に持ち込んだ社会の責任はかくも大きい。
ブラック企業や過労死問題の最大の原因は、偏差値及び競争重視体質が蔓延る教育現場にあるのではないかと思います。人間教育を全く受けてないもんだから、利己的で自分勝手な企業が増えるんじゃないのかと思うよ。こんなことでは自分たちの信用はイザ知らず、日本の信用にだってえらく関わるだけです。

theme : 偏差値教育の問題
genre : 学校・教育

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード