「身を削る」と言う意識が皆無に等しい自民党

世論から常に指摘されているこの問題、与党は全然それに耳を傾けてないってところがえらく丸出しです。

引用

<衆院選挙制度改革> 自民、定数削減を先送り

 抜本改革は20年の大規模国勢調査の結果が出るまで先送り

 自民党は29日、衆院選挙制度改革について、当面は定数削減は行わず、都道府県内の区割り変更によって「1票の格差」を2倍未満に抑える案を提示する方針を固めた。衆院議長の諮問機関「衆院選挙制度に関する調査会」の答申は小選挙区6減、比例代表4減の計10議席減を求めたが、こうした抜本改革は2020年の大規模国勢調査の結果が出るまで先送りする。答申内容の受け入れを求める野党から批判の声が上がるのは必至だ。

 調査会の答申は、現行制度よりも人口比をより反映する「アダムズ方式」と呼ばれる配分方法を採用し、小選挙区の都道府県配分を「7増13減」、比例代表のブロック配分を「1増5減」し計10減するよう提案した。

 しかし、自民党は削減対象となる13県の出身議員を多く抱え、全体でも衆院定数475議席(小選挙区295、比例代表180)のうち292議席(大島理森議長を含む)を占め、定数削減に反発している。

 党執行部は答申通りの改革の早期実現は困難と判断。ただし、最高裁が「違憲状態」と指摘した現状の格差を放置することはできないとして、最高裁が違憲の判断基準としている「格差2倍」未満に収まるよう選挙区の区割りを見直すことを優先する。

 一方、比例代表については、自民党は30議席削減する案を調査会に示していたが、削減は小選挙区の削減時に合わせるべきだとして、同時に先送りとする。

 野党は定数削減に後ろ向きな自民党への批判を強めるとみられる。だが、自民党は、調査会の答申が新制度の導入時期について明記していないことを盾に、格差是正優先の立場を正当化する考えだ。

 また、格差是正については、10年ごとの国勢調査の中間年に実施される簡易国勢調査を利用し、5年ごとに格差が2倍を超えた選挙区については是正するよう提案する。

 毎日新聞 2016年1月30日 08時00分
全くもって国民の声を無視するようなもので、自民党が正直議員定数削減や一票の格差問題に対して全然取り組んでないことをさらけ出すようなものだが、ホント自分たちで身を削ると言う意識がないって思うね。

2020年の国勢調査まで先送りって、国民をバカにしてるのか!?
「7増13減」なんて選挙区見直しになってないし、都市部優遇・地方軽視にも程があります!! 削減対象となる選挙区の議員を多く抱えてるから、定数削減は嫌だなんて言う態度もふざけてるとしか言い様がないし、有権者から大ブーイングものだ。

ホント言ってることとやってることが異なるが、国民に一方的に負担を負わせて自分たちは何もしない。自民党のやり方はまるでアメリカと同じだ。自己中心的で他人のことを考えないそんな独善的な姿勢を許していいのだろうか、答えは否。被災地の復興も子供の貧困問題なども遅々として進まないのはそのせいだ!!
一票の格差もだが、議員定数削減や公務員給与削減などをすすんでやることが国民から好感を持たれるってことをいい加減理解しろ!! 自民党!! ただ自分たちの功績を強調してばかりじゃ支持は得られないんだよ!!

甘利経済再生相の問題もだが、また与党は野党に攻撃材料を与えた感がするし、これでまた国会審議が停滞して肝心なことが進まないと言う悪循環を起こしたらまた国民を怒らせるだけでしかない。
自民党本部前で抗議デモが起こっても不思議じゃないが・・・。
「議員定数削減するって言っておいて『先送り』だと!? 自民党はペテン師だ!!」「都合の悪いことから平然と逃げて身勝手にも程がある!」って抗議の声が挙がりそう。

theme : このままで、いいのか日本
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード