FC2ブログ

「甘利」のあっけない辞任

安倍政権にとって「痛恨の一撃」に等しいものとなりそうです。

引用

甘利再生相辞任 政権打撃、ギリギリの決断

 第2次安倍晋三政権を支えてきた中枢閣僚の一角が崩れた。自身や公設秘書の金銭授受疑惑で経済再生担当相を辞任した甘利明氏。続投しても辞任しても政権へのダメージは大きく、ギリギリの決断だった。

 ◆強気の姿勢も

 「野党に経済演説を聴いてもらえないばかりか、国会審議にも支障をきたしかねない。このことは、安倍政権を支える中心的立場の人間が逆に足を引っ張るという、閣僚・甘利明にとっては、誠に耐え難い事態だ」

 甘利氏は28日の記者会見で、ときどき言葉を詰まらせながら、辞任する理由を語った。

 週刊誌で疑惑が報じられた直後から覚悟を決めていた。政権の重要閣僚を直撃した「政治とカネ」の問題に、政府・与党内には「辞任不可避」との見方が強まった。国民の政治不信が増幅し、政権運営の潮目が変わることへの危機感があった。

 甘利氏は「自分のせいで国会審議が止まったら、申し訳ない」と官邸側に辞意も伝えたが、安倍首相らは「内閣支持率が下がってもいい。負けずに頑張ってほしい」と慰留した。

 徐々にだが続投論も広がった。甘利氏は大筋合意したTPP交渉を一手に担ってきたため、「TPP国会」を乗り切るには不可欠とされた。これまで牽引してきたアベノミクスへの影響も小さくない。

 「本会議場に響いた拍手には、さすがに胸が詰まった…。感謝している」

 甘利氏は22日、反発する野党が退席した衆院本会議場で経済演説を行った後、そう周囲につぶやいた。以降、「これからは記者会見でも国会審議でも逃げずにしっかりと答える」と強気の姿勢もみせていた。

 ただ、自問を繰り返す日々は続いた。

 週刊誌報道で計1200万円に上るとされる公設秘書らへの現金授受、飲食供応などの実態解明には時間がかかる。監督責任は免れず、自身の疑惑も完全に払拭できるわけではない。

 野党が平成28年度予算案の審議で厳しく追及してくることは容易に想像がついた。実際、与党が描いていた29日からの衆院予算委員会での予算案の実質審議入りは、2月2日以降にずれ込んでいる。審議がさらに停滞すれば、TPP関連法案などの成立がずれ込みかねない。夏の参院選にまで影響したら、安倍政権の受ける打撃は大きい。

 ◆最後まで慰留

 甘利氏に信頼を寄せる安倍首相は27日の国会答弁でも「重要な職務に引き続き邁進(まいしん)してもらいたい」と強調。更迭という形を避けたかったようで、最後まで続投させる姿勢を崩さなかった。

 しかし、甘利氏は「国政を停滞させることがあってはならない」と決断。27日深夜に安倍首相に電話をかけ再び辞意を伝えた。

 安倍首相は「舌がんも乗り越えたのだから命さえあれば何とかなりますよ」と最後の説得をしたが、甘利氏の決意は固いとみて受け入れた。

 最終更新:1月29日(金)7時55分 「産経新聞」より
「政治とカネ」の問題で世間を騒がせた甘利明経済再生相が辞任を表明したけど、突然の辞任劇はあっけない感が強いです。

週刊文春に報じられたことで表面化した自身の「政治とカネ」の問題、これによりまた政治不信を助長しかねず野党に攻撃材料を与えてしまうことで政権運営に支障が出るとして一旦は辞任を示唆したけど、安倍晋三総理から続投を命じられたものの、安倍総理としてはTPP交渉では甘利経済再生相以外適任がいないって理由で続投させたとしか思えない。
安倍総理の期待に応える形で続投しても、自分の問題でこれ以上国会運営を停滞させていかがなものかと言う自責の念が出たことで、けじめをつける形で辞任に及んだと言いますが、幕引きはあまりにもあっけなかったと思う。

甘利経済再生相の辞任でTPP交渉に悪影響が出そうだが、後任の石原伸晃氏はTPPについてどう思っているかは甚だ疑問で場合によっちゃTPP参加を見直すって展開にもなるけどねェ・・・。

ギリギリの決断って、甘利経済再生相以外に経済再生相のポストが適任な者がいないってこともだがいくら信頼して続投させても疑惑が出てきたんじゃ身内や野党、さらに世論から批判されるのがオチだから続投させても事態は良くならないからってことですか。自民党に人材があまりいないからかそれとも・・・。
安倍総理も一旦続投させたけど突如と言うかあっけない辞任には当てが外れた以外の何物でもない。だめだこりゃ。

甘利経済再生相及び公設秘書の責任は免れないが、だったらその甘利経済再生相に献金した側の責任はどうなのか。

theme : このままで、いいのか日本
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード