このバス会社は労働基準法違反に問われて当然

事故を起こした責任は計り知れない以上、こうなるのは当然の流れです。
4年前に関越道で起こった高速ツアーバス事故での陸援隊と同類ですね。

引用

バス会社、労基法違反の疑い=厚労省、書類送検へ捜査―転落事故

 15人が死亡した長野県軽井沢町のスキーバス転落事故で、事故を起こしたバス運行会社「イーエスピー」(東京都羽村市)が労働基準法などに違反していた疑いが強いことが20日、厚生労働省への取材で分かった。
 厚労省東京労働局は立ち入り調査の結果、悪質性が高いとみて、通常の行政指導ではなく書類送検に向けて捜査を進める。
 同社の高橋美作社長(54)は20日午前、報道陣の取材に応じ、時間外労働に関する労働基準法の「36協定」をドライバーとの間で締結していなかったことを認めた。その上で「私の知識不足。ほかで結んでいる部分があり、社員全員に適用されると思っていた」と釈明した。
 同社をめぐっては、複数の運転手が基準を上回る勤務時間で運行するなどずさんな実態が明らかになっている。厚労省は事故を受け、20日にも全国の貸し切りバス事業者で同様の法令違反がないかどうか緊急の集中監督を行うよう、全国の労働局に指示する。
 事故は15日午前1時55分ごろ、軽井沢町の国道18号の「碓氷バイパス」入山峠付近で発生。運転手を含む15人が死亡、26人が重軽傷を負った。長野県警がイー社など関係先を捜索して資料を押収しており、厚労省は資料を借り受けて分析し、関係者から事情聴取するなどして調べる。

 最終更新:1月20日(水)13時10分 「時事ドットコム」より
死者が15人に増えた軽井沢町スキーバス事故、事故を起こしたバス会社「イーエスピー」に対して20日に厚生労働省は労働基準法違反の疑いがあるとして書類送検に踏み切ったみたいです。

事故が起こる2日前に是正勧告を受けた矢先に事故を起こしたのだから、行政指導じゃ済まされない、これは会社全体で責任を取ってもらうとして書類送検に踏み切ったかも知れないが、こうなった以上弁解の余地はないでしょう。
「私の知識不足。ほかで結んでいる部分があり、社員全員に適用されると思っていた」とイーエスピーの社長はこう釈明したけど、労働基準法を順守しないでいい加減な運営をしたことはあまりにも許されないし、言い逃れも出来ないです。

安全を順守せず、人手不足を理由に経験の浅い者を雇用し、かつ無理強いさせると言うのはブラック企業と全く変わらない。

陸援隊にも当てはまるが、どうも中小バス会社の問題点と言うのは規制緩和で参入が容易になったこともだし、人手不足と高齢化もさることながら安全意識教育が疎かになりがちな傾向が目立つせいか、こう言う事態に発展するんじゃないかと思います。十分な経験を積ませずぶっつけ本番同然で大型バスを運行するのはあまりにもリスクあり過ぎます。安全もヘッタクレもない。
事故を起こした運転手は小型バスしかバス運転の経験がなかったって言うから、それにも関わらず雇用したイーエスピーの責任は免れないし、神経を疑いたくもなります。労働基準法違反が発覚しまくっている以上、それで訴えられるのは当たり前だ。

イーエスピーもだが、このツアーを企画した旅行会社の責任もあると思います。

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード